経済発展に大きく貢献するシティ・オブ・ドリームス・マニラ

フィリピンにはカジノが数多くあります。
「シティ・オブ・ドリームス・マニラ」もその1つ。
2015年2月に、マニラにオープンしました。
アジアでカジノが有名なところといえば香港のマカオですが、シティ・オブ・ドリームス・マニラは同じような規模の巨大な商業施設となっています。
シティ・オブ・ドリームス・マニラは、ソレア&リゾートに次ぐ高級エンタテイメントリゾート施設で、外観も金色に輝くゴージャスな造り。
3つのホテル、ショッピングエリア、レストラン、スパなどを併設しています。
ソレア&リゾートからは目と鼻の先で、ニノイ・アキノ国際空港からは、車で10分ほどのところにあります。
富裕層や観光客をターゲットに、2つの巨大施設が競争を繰り広げています。
また、2キロほどのところに世界最大級のショッピングモール「モール・オブ・アジア」もあり、このあたりは成長著しいマニラの煌びやかな空気が漂うエリアとなっています。
シティ・オブ・ドリームス・マニラを運営するのは、香港に本社を構えるメルコ・クラウン・エンターテイメントの子会社です。
当施設の開発には、13億ドルを費やしたのだとか。
また、フィリピン財閥のSMグループも出資しています。
この施設の開発により、約5,000人の雇用を創出しました。
そして、従業員には、フィリピンのスラム街に住む人々も積極的に受け入れています。
観光業を潤わせるだけでなく、フィリピン社会の発展と成長にも貢献しているのです。
ホテルは全部で6棟あります。
オーストラリアの高級ホテルであるクラウンタワーズホテル、ハイアットホテル、アジア初進出のノブ・ホテルを含む、5つ星揃いです。
そして肝心のカジノエリアは、圧倒的な規模。
吹き抜け2フロアにゲームテーブル365台、スロットマシンは1680台あります。
また、ソレアカジノよりも低いベットで遊べるので、初心者でも安心です。
世界最大のオンラインポーカー「PokerStars」によるポーカーテーブルでは、テキサスホールデムで盛り上がることもできます。
 
子供向けの施設も充実。
あの「DREAM WORKS」が作ったエンターテイメント施設「DREAM PLAY」では、シュレックなどのキャラクターが登場するアトラクションが用意されています。
家族でシティ・オブ・ドリームスへ遊びにいくのも良いですね。
 
そして遊び疲れたら、併設のバーで一杯飲むのもあり。
まさに優雅な時間を提供してくれます。
 
運営会社であるメルコ・クラウン・エンターテイメントは現在、若干落ち込み気味となっているマカオのカジノの状況を受け、今回第二の拠点としてマニラにこの施設を建設しました。
中国をはじめ、アジア全体をターゲットとしています。
巨額のお金が動くこの施設が、フィリピン経済の底上げにつながることは間違いありません。
 
マニラを訪れた際には、ぜひ日本では味わえないラグジュアリーな体験をしてみてください♪
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら