ビットコインを始めるならビットフライヤー

ビットコインについて検索すると、必ず「ビットフライヤー」という文字を目にします。
ビットフライヤーは、ビットコイン取引所の1つです。
これからビットコインを始めたい人は、絶対にビットフライヤーについて知っておいてほしいと思います。

<日本最大の取引所>

ビットコインを購入するには、ビットコイン取引所を使うのが最もメジャーな方法ですが、「ビットフライヤー」はその中でも日本最大の取引量を誇ります。
日本国内で最初に設立されたビットコイン取引所でもあります。

2016年1月〜6月の間の国内取引額は4,300億円と言われており、7月には1ヶ月で2,000億円に達しました。
前年比では50倍です。
これらの多額の取引額のうち、実に40%がビットフライヤーを利用して行われたとれています。

<ビットフライヤーの特徴>

ビットフライヤーは、メールアドレスさえあれば簡単にアカウントを開設できます。
個人情報を登録すると、使える機能が増えます。

個人情報を登録するにあたって不安を覚える人もいるかもしれませんが、ビットフライヤーは最高強度の暗号セキュリティシステムを採用しており、安全性は非常に高いとされています。

また、ビットコインの保管にも、セキュリティレベルが高いと言われる「コールド・ウォレットシステム」が使われています。
出入金の際には人が確認するシステムとなっており、信頼性が高いです。

ビットコインで送金する際には「ビットコインアドレス」が必要ですが、ビットフライヤーではそれを入力する必要がありません。

<ビットフライヤーの安全性>

ビットコインを始め、仮想通貨に対してはまだ信頼できないという人も多いと思います。
ビットコインに関する法律などは今のところありませんので、取引所があなたのビットコインを損失する可能性もゼロではありません。

事実、「マウントゴックス事件」では、多額のビットコインが失われ、一時大騒動となりました。
この事件が、人々のビットコインに対する不信感を深めてしまったことは間違いありません。

しかし、実はこの事件以降もビットコインのユーザー数は増え続けています。
やはり、この仮想通貨の可能性を見出している人が大勢いたということでしょう。

ビットフライヤーの出資者は、三菱UFJキャピタル株式会社、三菱住友海上キャピタル株式会社、株式会社電通デジタル・ホールディングス、株式会社リクルートホールディングスなど、誰もが知る大企業ばかりです。
ビットコインの取引所の中でも日本最大と言われるのは、やはりこういったバックグラウンドにある信頼が大きいためでしょう。
海外にも取引所は多数ありますが、やはり日本の企業が運営しているのは安心できますよね。
何かトラブルがあった時も、インターネット上でしかやり取りのできない海外の取引所だと、万が一閉鎖されたら何も出来なくなってしまいます。

ビットコインをこれから始めようと思っている人、興味があってアカウントを作ってみたいと思っている人には、ビットフライヤーはまず間違いなくオススメの取引所です!
ぜひ参考にして下さいね。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら