フィリピン料理は日本人に合うの?

日本では”フィリピン料理”のレストランをあまり見かけませんので、どんなものが食べられているのか、イメージできないかもしれません。
フィリピンは非常に多様な民族たちが集まって暮らしている国なので、食べられているものも多種多様です。
フィリピンはもともと先住民族が暮らしていた島国ですが、そこへスペインがやってきて、300年以上もの間統治していました。
ですので、フィリピン料理の多くは、スペインの食文化の影響を受けています。
肉と野菜をニンニク入りのソースで煮込む「プチェーロ」は、スペインの影響を受けたフィリピンの代表的な料理で、一般家庭でよく食べられています。
また、中国の影響も強く受けており、純粋なフィリピン独自の料理というものを挙げるのは、実は難しいと言われています。
19世紀末から第二次世界大戦後まではアメリカに統治されていた時代もあり、大戦後にはファストフードがもたらされました。
フィリピンのそこかしこで見かける「ジョリビー」は、最も人気のハンバーガーチェーンです。
アメリカが持ち込んだケチャップを、フィリピンではバナナを赤く着色して作っています。
そんな、外国の影響で食文化を形成してきたフィリピン。
日本人の口にも合う料理があるのでしょうか?
全体的に、フィリピン料理は味が濃く、脂っこいものが多いと言われます。
そのため、あっさりとした味付けを好む日本人には、多少重たい印象もあるようです。
オリーブオイル、ラードなどを使って調理されるものが多いため、コレステロールや脂肪が多いのも特徴です。
また、フィリピン人は甘いものが大好きなので、フィリピンで食べるケーキやお菓子は全般的にすごく甘いです。
もちろん、フィリピン料理が合う人もいると思いますが、多くの日本人はやはり途中で日本食が恋しくなるようです。
でも大丈夫。
現在のフィリピンには、日本食レストランが豊富にあります。
他の東南アジア諸国や欧米と比べると、フィリピンでの和食のクオリティは高いと言われています。
マニラやセブにはショッピングモールがたくさんあり、その中には必ず日本食レストランもあります。
ラーメンや焼きそばなど、フィリピン人が大好きな濃い味の料理はもちろんのこと、刺身や寿司、そばなどもあります。
日本人が増えているため、和食レストランはどんどん増え続けています。
マカティには「リトルトーキョー」と呼ばれる日本食レストラン街まであります。
ここでは日本と変わらないクオリティの和食が豊富に揃っており、一度マカティに住むと離れられないという人もいるくらいです。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら