マニラ、セブは危険なの?

フィリピンへ留学する人たちが増えていますが、治安についてはみんな気になることだと思います。
実際、東南アジアの中でフィリピンの治安はかなり悪い方ですし、アメリカやイギリスのような欧米の先進国へ留学するよりも危ないのは事実です。

マニラに関しては、マカティのような都市部と郊外では全く雰囲気が違います。
都市部でも盗難や詐欺などに巻き込まれることもありますし、スラム街の近くなどではストリートチルドレンが物乞いしています。
よくあるのはiPhoneが盗まれる事例で、ポケットなどに入れておくと集団に囲まれて知らないうちに抜かれていた、なんてことはザラです。
現金はもちろんですが、携帯電話、スマホは安易に見せないようにする、カバンは前に背負うなど、自己防衛は絶対に必要です。

セブは、留学先、南の島のリゾート・・のようなイメージが強いですが、実は治安に関して言うとマニラの次に悪いです。
特に学生は夜にマンゴーストリートなどで飲み歩くことも多いようですが、警戒心なくふらふらしていると狙われます。
殴られて金を盗られることも珍しくありません。
女の子はもちろんのこと、男子でも夜に一人で出歩くのは危険です。

また、一緒に飲もう、遊ぼうなどと近づいて、飲み物に薬物を混入させて眠らせ、その間に金銭を盗む「睡眠薬強盗」も最近は頻発しています。
仲良くなったと思っても、安易に勧められた食べ物を口にするのはやめたほうが良いでしょう。
クラブ、カジノ、パブではこういった犯罪が特に起きやすいです。

また、フィリピン人はプライドを傷つけられると逆上する人が多くいます。
言葉もままならない外国ですから、決して現地の人と喧嘩はしないことです。
どんなに相手が悪くても、日本人がフィリピンで有利な立場になれることはほぼありません。

フィリピンは今、ドゥテルテ大統領の政策により、薬物取締が厳しくなっています。
麻薬犯罪に関わる者は容赦なく殺されており、町中に銃を持った警備員がいます。
麻薬をやっている人と関わらないのはもちろん、そういったあやしいエリアへ近くのも避けた方が良いでしょう。
スラムのある貧しい地域では、麻薬のやりとりが頻繁に行われています。

マニラもセブも、はっきり言って決して安全な場所ではありません。
高級なものを身につけて歩かない、夜は出歩かない、カバンは前に背負う、知らない人についていかない、など、当たり前のことに気をつけて生活してください。
日本人は特に断れない性格なのでつい人の言うことを聞いてしまいがちですが、本当に猫を被った悪人もたくさんいるので、簡単に信用しないよう十分注意してくださいね。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE