日本人のフィリピン就職事情

海外で働いてみたい!という方は、フィリピンを勤務地として検討してみると良いかもしれません。
経済成長が著しいフィリピンでは、日系企業も数多く参入してきており、日本人人材の需要が高まっています。
物価・人件費が安いフィリピンでも、日本人ネイティブは日本と変わらない高待遇で採用してもらえるのです。

多くの日系企業は、現地フィリピン人も採用していますが、やはり日本の会社とやりとりする際や、日本人駐在員をサポートするには、日本人が必要と考えているようです。
社会人経験が数年あれば望ましいでしょう。

業種としては、メーカーや商社、物流会社などが多い傾向です。
また、コールセンターやITなどのオフィスワーク系、営業系は募集が多くなっています。
日本語だけでなく英語ができれば、より有利になるでしょう。

給料に関しては、日本の一般企業とさほど変わらず、20〜30万円程度と考えて良いと思います。
フィリピン人の平均給料が月5万もないくらいですから、これは相当高いことになります。
ただし、日本人の所得税はなんと32%と高額なので、条件を提示された際には、控除前なのか控除後なのかをしっかり確認してください。

募集している会社のロケーションとしては、やはりマカティやBGCなどの中心地が多いようです。
また、カヴィテ、ラグーナ、バタンガスなどの工場地区も募集があります。
セブもありますが、給料は下がります。

住む場所にマカティの高級コンドミニアムなどを選べば、家賃は8〜10万円くらいはかかります。
日本の東京にいるのと、生活基準自体はあまり変わらないのです。
ただ、高級コンドミニアムにはプールやジムが付いているのが当たり前なので、多少豪華な家に住める、といった感覚でしょうか。
電気代が日本と変わらないことを除けば、食費などはかなり安く済みます。
また、営業職の場合は住宅手当がつく会社もあります。
もちろん、高級コンドミニアムではなく、少しメトロマニラから離れた古い家に済めば、家賃も抑えられます。

生活の仕方は個人の裁量で変えられますので、あなた理想とするフィリピンライフを描いてみてください。
異国の地で、外国人たちと違う言語を使いながら仕事をすることは、きっと人生の大きな糧になるでしょう。
未経験でも採用してくれる会社はあるようなので、海外勤務してみたい!という人は求人を日頃からチェックしておくと良いですね。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら