フィリピンメイドの上手な育て方

フィリピンでは一般家庭でもメイドを雇っている家が多いです。
日本駐在員の家庭でもまったく珍しいことではありません。
メイドと聞くと、お金持ちの人しか雇えないイメージがありますが、フィリピンは人件費が安いため、月3,000ペソほどです。
日本円にして月1万円もかからずに、炊事、洗濯、掃除をやってくれるのですから、安いものですよね。
メイドによっては子守や介護ができる人もいて、彼女たちの給料は割高になります。

メイドなんて雇ったことのない日本人にとっては、赤の他人が家庭へ入り込んで家事をやるなんていうのは抵抗があるでしょう。
また、給料の面においても、「こんなに安くて良いのだろうか?」という良心の呵責から、ついあげすぎてしまうことも。

日本人は、言葉の壁があるとついお金で解決しようとする傾向があります。
しかし、フィリピンのメイドは適切に教育しなければ、問題を起こすこともしばしばです。
特にお金のことに関しては、しっかりルールを作り、変に高いボーナスやチップを与えすぎてはいけません。
お金がもっと貰える!と思うと、残念ながらすぐにつけあがって援助を要求してきたりするのです。

特に、「お金を貸して欲しい」という要求には要注意です。
フィリピンメイドは、親戚の家の家具が壊れただとか、いろいろな理由をつけてねだってきます。
お金を貸してはいけない、というわけではありませんが、もし貸すならまとめて渡してはいけません。
また、返すのを待っていても返ってこないので、その次の月の給料から少しずつ天引きしていくようにしましょう。

また、フィリピン人は叱られるのを嫌うとは言いますが、やってほしいことややってほしくないことは、明確に伝えましょう。
感情的にならず、なぜなのか?を説明すればわかってくれます。
根気よく、仕事を覚えさせていきましょう。
時間はかかるかもしれませんが、何度も何度も言う必要があることもあります。
もしそれで相手が気に食わないというのであれば、それは別のメイドを雇えば良いだけなのです。
フィリピンには、メイドは溢れています。

一緒に生活する以上、もちろん感謝して仲良くすることも大事です。
しかし、あくまでも使用人という立場であることは、しっかりと認識させたほうが良いです。
一旦サボりぐせがつくと、直すのは難しくなります。
そして、それはあなた自身が困ることになるのです。

できるのであれば、若いメイドの方が育てやすいと思います。
メイドは10代からでもいますので、素直に話を聞いてくれそうな子が理想的です。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE