フィリピンの雨季と台風、洪水被害

フィリピンの気候は、高温多湿の亜熱帯気候に属しています。
1年を通して暖かく、日本のようにはっきりとした四季はありません。
マニラの平均気温は27℃前後で、暑いには暑いですが、日本のジメジメした夏とは異なっています。

しかし、フィリピンの雨季もまた、日本のそれとは大きく違います。
フィリピンの雨季は6〜10月で、この間は頻繁にスコールが降ります。
1日中雨ということはあまりありませんが、午後や夕方にまとまった大雨が降る感じです。

そして、意外と深刻なのが台風。
日本でも10月頃に頻繁に台風が起こっていますが、フィリピンでも同時期にあります。
そしてそれが洪水被害をもたらしています。

日本でも時々豪雨による冠水被害がありますが、フィリピンは日本よりもインフラ整備が大幅に遅れているため、被害も大きくなっています。
マカティやグローバルシティなどの高級住宅街は比較的水はけも良く特に不便はありませんが、広範囲で車も走れないレベルでの洪水が起こるのです。

ただしフィリピンは地形上、地域によって被害のレベルに差があります。
たとえばセブでは台風の被害はほとんどなく、洪水もありません。

マニラを快適に旅行したいなら、6〜10月を避けると良いでしょう。
オススメは11月〜5月の乾季です。
湿気も少なく過ごしやすい気候です。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら