フィリピンではタガログ語スキルも必要?

フィリピンに英語留学する人が増えていますので、フィリピン人はみんな英語が話せるものだと思っている人も多いかもしれません。
しかし、実際にはフィリピン人にとって英語は第二言語です。
フィリピン人同士ではタガログ語で話しています。

フィリピンには実に172に及ぶ現地語が存在しますが、タガログ語はルソン島南部で話されている言語です。
マニラをはじめとするフィリピンの都市部で主に使われていますので、フィリピン語といえばタガログ語が一般的です。
英語は、教えられるほどのハイレベルな人もいれば、生活には困らない程度の中級レベルの人もいます。

教育格差もあるため、全員がきれいな英語を話せるわけではありません。
特に貧困層のフィリピン人には、うまく英語が通じないこともあります。

それではフィリピンで生活するにあたって、英語だけで十分なのでしょうか?
それともタガログ語も必要なのでしょうか?

結論から言うと、英語だけでも十分現地で過ごすことはできます。
しかし、もし可能ならば、少し勉強しておくと現地になじみやすいでしょう。
せっかくフィリピンにいるのですから、彼らの母国語が分かれば彼らの文化や習慣も理解しやすくなるというものです。

留学は、語学を身につけるだけでなく、異文化を学ぶという視点も持っていたほうが、有意義なものになります。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら