セブ島で賃貸物件を契約する流れ

セブ島で賃貸物件を探したいと思っても、やはり海外でそういった手続きをするには不安があるものです。
どこで物件を探して、どのように契約するのか?
その流れを確認してみましょう。

1. 物件探し
セブでは、日本のように不動産屋のウェブサイトをチェックしなくても、直接気になるコンドミニアムに出向いて話を聞くことができます。
そこで、部屋の空き状況やオーナーの連絡先なども教えてもらえます。
また、物件によっては”Room for rent”などの看板を付けて入居者募集をしているところもあります。
連絡先が書いてあれば、そこへ連絡して部屋を見せてもらうことができます。

2. 内覧
目星がついたら、オーナーさんと話して見学を予約しましょう。
フィリピン人は時間にはルーズなので、当日の場所や時間はしっかり確認を。

3. 契約
物件を決めたらいよいよ契約です。
契約書の内容は細部まで確認し、不明な点があれば分かるまで質問しましょう。
問題なければ、サインをし、契約金を払います。

フィリピンでは入居審査などはなく、コンドミニアムには家具も揃っていることが多いため、契約したその日にすぐ入居できることもあります。
ただ、もし契約書の内容に不安があれば、2、3日時間をもらってゆっくり考えることも可能です。
トラブルを避けるためには、焦らず確実に進めることが大事です。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら