フィリピン人ってみんな英語が話せるの?


フィリピンは、世界で3番目に英語人口が多い国です。

英語留学が盛んなのも納得で、国民の多くはフィリピン語と英語を両方話します。

テレビも看板の表示もレストランのメニューもすべてバイリンガルですし、映画館では英語のものは字幕もありません。

そのくらい、フィリピンでは英語は標準語として定着しています。

 

しかし、実はフィリピン人が全員英語を標準的に話せるわけではなく、地域による差もあります。

”英語漬け”になることを想像してフィリピン留学に来ると、ちょっとガッカリしてしまうかもしれません。

 

 

<英語力はその人が育った環境による>

フィリピンは、貧富の差が大きい国です。

裕福な家庭の子供たちは学校へ行くことができますが、貧困層の子供たちは、小学校にもまともに行けず親の仕事を手伝っています。

英語は当然学校で習うものなので、学校に行っていなければ身につけることができません。

日常生活で耳にすることはあっても、フィリピン人同士の会話はフィリピン語(マニラならタガログ語)ですので、英語を話さずに生活している人たちもたくさんいるのです。

フィリピンで英語を流暢に話し、仕事でも使っている人たちは、中間層以上の人たちです。

たとえばフィリピンでは、英語講師になるにも、大学を卒業していなければならないなどの要件があります。

大学の学費も、当然貧困層には払うことができません。

このようにフィリピンでは、英語力は所得と比例しているところがあるのです。

 

<田舎では通じないことも>

英語力は、所得による差だけでなく、地域差もあります。

マニラやメトロマニラ、セブ、郊外都市などは大抵どこでも通じますが、田舎の農村や港町など、地方では英語は通じないことが多いです。

簡単な単語は理解できても、ペラペラと会話をすることは難しいレベルです。

また、フィリピンの公用語とされているタガログ語も、実はマニラのあるルソン島を出るとほとんど通じません。

フィリピンは多民族によって多言語が使われており、たとえばセブではセブアノ語という土着語が話されているため、タガログ語で話す人はいません。

地域によって話す言語がまったく違い、教育環境によって英語力にも大きな差が出ているのがフィリピン社会なのです。

 

<フィリピン人の英語ってどうなの?>

英語留学を考えている人の中には、ネイティブではないフィリピン人から英語を学んでも大丈夫なのか?と心配になる人もいるでしょう。

もちろん、フィリピンではフィリピン訛りの英語になります。

正統派のイギリスやアメリカの英語だけを身につけたいのなら、フィリピン留学はやめておくべきです。

しかし、フィリピン人講師は、ネイティブではないからこそ、レベルが高いとも言えます。

その理由は、彼らもまた第二言語として英語を努力して習得した経緯があるからです。

英語を学ぶ上では何につまずきやすいのか?文法的に説明が難しいのはどこか?などなど、学習者目線で見ることができるのです。

ですので、教え方としてはネイティブ講師よりも優れている場合もあります。

また、個人差はありますが、フィリピン人の英語講師はアメリカの発音に近い人が多いです。

これは、アメリカに統治されていた歴史があり、アメリカの教育文化を採用しているからでしょう。

世界中どこへ言っても、アクセントや発音には違いがあります。

大事なのはネイティブから習うことよりも、世界で話されているグローバルな英語を身につけることだと思います。

 

<英語漬けになりたいなら>

他の言語は聞きたくない!英語漬けの留学生活を送りたい!というなら、フィリピンではなく欧米諸国を検討することもできます。

しかし、フィリピンであっても努力次第で英語漬け生活が可能です。

授業時間以外の過ごし方が重要になります。

なるべく日本人同士でつるんで日本語を話す時間を作らない、フィリピン人の友人を作って彼らと遊ぶ、放課後もYou Tubeなどで英語のコンテンツを観る、映画を観に行く・・・などなど、英語漬けになるために自分でできることはたくさんあります。

逆に言うと、いくら欧米に留学しても、日本人とずっと一緒にいては英語力はなかなか伸びません。

環境が大事とは言いますが、まずは自分でその環境を作る工夫も必要なのです。

 

<タガログ語も話せると便利>

英語がそこそこ話せるようになると、次はタガログ語に興味を持つ日本人も多いようです。

英語が公用語の国とはいえ、やはりフィリピン人にとって一番意思疎通ができるのはタガログ語。

ですので、もしタガログ語も理解できるようになると、フィリピン人のことがもっとよく分かってきます。

細かいニュアンスを伝えられるようになれば、仕事上のコミュニケーションもスムーズになれますし、より親密にもなれるでしょう。

また、タガログ語が話せる日本人は珍しがられて、フィリピン人の方から積極的に心を開いてくれることも多くなります。

 

<フィリピンでしか出来ない体験をしよう>

フィリピン留学では、いわゆる正統派の留学をして正統派の英語を身につけることは難しいかもしれません。

しかし、フィリピンでしか体験できない、語学以外の経験がたくさんあります。

それは、経済発展を遂げている最中の活気溢れる街であったり、美しい青い海とビーチだったり、陽気な国民性だったり・・・

言語だけでなく異文化に興味を持っている人や、東南アジア独特の空気感が好きという方には、フィリピン留学は素晴らしい留学先と言えるでしょう。

日々進化していくフィリピンは、毎日街や人々の様子を見ているだけでも、エネルギーに満ち溢れています。

ぜひ、英語の質だけにこだわりすぎず、広い視野でこの国のことを見てもらえたらと思います。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら