フィリピン地元民の暮らしが垣間見れるスポット


海外旅行では定番の観光スポットに行くのも楽しいですが、たまには地元民がどんな暮らしをしているのか知りたくなりませんか?

フィリピンは観光客用のスポットと地元民が訪れる場所にかなり差があるので、地元民のローカルスポットを見るのは余計に面白いです。

そこで今回は、フィリピン人がよく行く場所や食べているものなどをご紹介しましょう。

 

<ジョリビー>

フィリピンのファストフードの代表といえばジョリビー。

可愛い(?)ハチのマスコットがイメージキャラクターのハンバーガーチェーンです。

しかし、ハンバーガーチェーンといってもフィリピン人が食べているのは「スパゲティ」「フライドチキン」そして「ライス」。

この3つのメニューは彼らの大好物で、ジョリビーにいるお客はみんな食べています。

面白いのは、ハンバーガーチェーンなのに白飯を出しているところです。

フィリピン人はとにかくお米が大大大好きなので、いつどこに居てもお米が食べたいんですね〜。

ジョリビーは、そんなフィリピン人のニーズにしっかり応えているので、大成功しています。

世界的に人気のマクドナルドでさえ、フィリピンではジョリビーに勝てないのです。

マニラやセブの街を歩けば、至るところにジョリビーはあります。

見つけたらぜひ入ってみてください。

ただ、日本人はほとんどが、味については不評みたいです(笑)

なんせ、どれもバナナケチャップを使っていて甘すぎる!

 

<サン・アンドレス・マーケット>

フィリピンにはショッピングモールが数多くあり、中には必ずスーパーマーケットも入っています。

普通に食材の買い物をするだけならここでも十分なのですが、もしも地元民の暮らしを垣間見たいと思ったら、ローカルなマーケットに足を運んでみましょう。

サン・アンドレス・マーケットもその1つで、メトロ・マニラのマラテ地区にあります。

路地には八百屋や調味料のお店など小さな商店がたくさん並び、屋台では激安フードも売っています。

フルーツが豊富なフィリピンなので、ぜひ果物を買ってみるのがおすすめです。

新鮮なものが手に入りますし、日本で食べるより確実に美味しいですよ!

ただ、衛生的なお店ばかりではないので、カットされていないものを買って、自分で切って食べるようにしましょう。

買い物をする際には、地元フィリピン人とのコミュニケーションも楽しむことができます。

食材の調理の仕方を教えてくれたり、試食もできたり。

活気溢れるマーケットは歩いているだけでもワクワクしますよ。

ただ、マラテ地区は暗くなると治安が悪くなるので、昼間の明るい時に行くようにしてください。

 

<屋台>

フィリピンに来たならば、やっぱり一度は試したい屋台フード。

地元民にとってはなくてはならない存在です。

日本人は、お腹壊しそうで怖い・・というイメージもあるかもしれません。

しかし、食べるものをしっかり選べば、激安で美味しいものが食べられます。

おすすめなのは、目の前で揚げてくれる唐揚げやバナナ、あるいは焼き鳥などです。

調理してから時間が経っていそうなお店ではなく、調理したてを出してくれそうなところを選ぶのがポイントです。

マニラ、セブをはじめ、フィリピン各地で屋台はありますので、ぜひ一度お試しください。

100円くらいの予算でも、3〜4品食べられます!

 

<サリサリストア>

フィリピン人のコンビニといえばサリサリストア。

食品、日用品、タバコなどなど何でも揃っている小さな商店で、街の至るところに点在しています。

フィリピン人がこぞってサリサリストアを利用している理由は、小分けの商品を取り扱っているから!

シャンプーなら1回分、タバコなら1本といった具合に、小さな単位で物を売っているのです。

フィリピン人の大半は貧困のため、大きなパッケージを買うことができません。

ですので、たとえ割高でも手元にあるお金で買える小分け商品が人気なのです。

旅行者にとっても、シャンプーなどかさばるものはサリサリストアで使い切りのものを買うと便利ですよ!

あと、フィリピンではタバコが安いので、愛煙家の人は1本ずついろんな味を試してみるのも楽しいかもしれません。

 

<バクララン教会>

マニラにある教会といえば「サン・アングスティン教会」が観光スポットとして有名ですが、バクララン教会はよく地元民が通っている教会です。

恋愛、結婚、子宝などの願いが叶うと言われていることから、地元フィリピン人の女性が多く訪れています。

水曜、日曜に多くのミサが行われており、混雑しています。

入場は無料です。

フィリピン人が熱心にキリスト教を信仰する様子を見るのもまた勉強になりますよ。

ちなみにバクララン教会のすぐ近くには、マニラ最大のマーケット「バクララン・マーケット」もあります。

Tシャツなどの衣類が50ペソほどで買えるなど、とにかく広くて人がごった返していますが、こちらも見ているだけで楽しいですよ!

 

<Thirsty?>

「サースティ?」はフィリピンでよく見かけるチェーンのシェイクスタンドです。

ショッピングモールの中やスーパーなどでもよく見かけます。

マンゴーやバナナなど定番のフレーバーはもちろんのこと、ドリアンのシェイクもあり、さすがフィリピン!といった感じです。

においはもちろんあの臭いにおいなのですが、飲んでみると意外と慣れてきて美味しく感じてくるのだとか。

日本ではなかなか試せないので、勇気ある方はぜひ!(笑)

どれも地元で採れた新鮮なフルーツを使っていて美味しいのに、価格はローカルプライスで30ペソ(約60円)〜65ペソ(約130円)ほどと激安です。

暑いフィリピンではすぐに喉が渇いてしまうので、Thirsty?を見つけたらぜひ利用してみましょう!

南国で飲むフレッシュジュースは格別です!

 

<カレンデリア>

「カレンデリア」とは、フィリピンのローカル食堂のことです。

ご飯、おかず、スープなどのお惣菜を売っていて、好きなものを選んで組み合わせて注文できます。

カレンデリアは普通の家の軒先にあったり屋台になっていたりしますが、ちゃんと椅子やテーブルもあるお店が多いので、簡易レストランといった感じです。

価格は非常に安く、ご飯が5ペソ(約10円)、おかずが1つ5ペソ〜30ペソ(約10円〜60円)ほどです。

1食100円かからずに食事ができるので、節約したい時にも使えますね!

おかずは肉、魚がメインで、甘辛い味付けでご飯によく合うものが多いです。

フィリピンの家庭料理を地元の人と一緒に食べる体験ができます。

カレンデリアは街の至るところにあります。

お店によって売っているおかずの種類も違うので、いろいろ周ってみると楽しいと思います。

観光客はほとんどがいないからこそ、貴重な体験になるでしょう!

 

<ジプニー>

ジプニーは、フィリピン人が使っている乗合バスのようなもので、ジープを改造して作られています。

フィリピン国内に35万台走っていると言われていますが、乗るにはちょっとした知識や経験が必要なので、日本人にはあまりおすすめされてはいません。

ただ、料金が非常に安く、地元フィリピン人にとっては大事な移動手段となっています。

フィリピン人の友達などがいれば一緒に乗ってみると良いかも。

外国人が観光気分で乗るとスリなどに遭いやすいので注意が必要です。

 

■ローカルスポットで分かるフィリピン人の暮らし

いかがですか?

地元フィリピン人が通っている場所や利用しているものをご紹介しました。

海外旅行ではこういったローカルスポットを訪れることで、その国の文化や他の国との違いが分かったりして面白いものです。

観光スポットも良いですが、チャンスがあればぜひこういったローカルな場所に足を運んでみてください。

きっと、普通の旅行とは違う貴重な体験ができるはずです!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら