フィリピンのサンミゲルビールの美味しい飲み方


海外でのご当地ビールっていいですよね!

フィリピンにも、誰もが知っているビールブランド「サンミゲル」があります。

特徴はその飲みやすさです。

スッキリしているので水みたいにいくらでも飲めちゃうという人も多いです。

ビールはちょっと苦手だなぁという人の間でも、フィリピンのサンミゲルを飲んでみて、「ビールが飲めるようになった!むしろ美味しく感じるようになった!」という人がすごく多いんですよ。

今回はそんな「サンミゲル」のビールと、フィリピンならではの飲み方についてご紹介しますね。

 

<サンミゲルのおすすめのラベル>

サンミゲルビールって言っても種類がすごくたくさんあるんです。

今回は、その中でも特に定番人気なものをご紹介します。

■サンミゲル・ライト

若者に最も飲まれているスッキリ系のお味。

名前の通り軽めで、飲みやすさが特徴です。

女性にも人気、

あっさりしていて濃厚な苦味などはないですが、暑いフィリピンではこのくらいの爽快感と軽さがちょうど良いかもしれません。

日本人を含め、とにかくファンが多いラベルです。

■サンミゲル・ピルスナー

サンミゲル・ライトと比べると、ホップの苦味が強調されたタイプ。

■サンミゲル・ピルセン

若者よりも年配層に人気で、日本でよく飲まれているビールの味に近いです。

アルコール度数は5%ですが、苦味がしっかりしておりビール好きな人に特におすすめ。

「サンミゲル・ライト」が薄く感じてしまう方はこちらをどうぞ。

■サンミグ・ストロング・アイス

名前の通りキレが強く、キンキンに冷やして飲むのが美味しさのポイント。

アルコール度数も6.3%とちょっと高めです。

■サンミゲール・ダーク・セルベッサ・ネグラ

ヨーロッパ産の焙煎ピルゼン麦芽で出来た黒ビール。

といっても、「ギネス」のような濃さはなく、女性や黒ビール初心者に飲みやすい感じです。

苦味は強いですが、喉越しも良くクセがありません。

■サンミゲル・アップル/レモン

アップルもレモンもフルーツ感が強く、ビールの味はほとんどしません。

ですのでビールが苦手な人や、酎ハイなどの甘いお酒が好きな人におすすめです。

お酒よりジュースや清涼飲料に近く、アルコール度数も3%も軽めとなっています。

■レッドホース

アルコール度数6.9%とビールの割にかなり強めで、喉越しが良いのでビール好きに人気です。

「サンミゲル」のラベルではありませんが、同じ会社から出しています。

それほど濃い味ではなく、どちらかというとスッキリ系。

飲みやすいですが、ごくごく飲んでいると酔っ払います。

翌日に二日酔いになる人も多いので注意!

度数が強いため氷を入れて薄めながら飲むのが好きな人もいるようです。

 

<サンミゲルはキリンビールが株を取得>

フィリピンのビールメーカーとしては最大手のサンミゲルですが、実は2009年に日本のキリンホールディングスがサンミゲルビールの株式を49%取得しています。

つまり、半分近くはキリンビールみたいな認識になりますね。

日本とも繋がりが強いビールとも言えます。

 

<フィリピンでのビールの飲み方>

日本では居酒屋では瓶ビールとグラス、あるいはジョッキで提供されますよね。

フィリピンでも瓶とグラスが一緒に出てくるまでは同じなのですが、実は全然冷えてないんです!

ビールのくせに冷えてないってどういうこと?って思っちゃいますよね。

おそらく電気代をかけたくないのか、冷蔵庫が弱すぎるのか、はたまた単にそういう文化なのか、フィリピンではビールにも氷を入れて飲みます。

ですので、提供されるグラスには氷が入っています。

また、もしも冷えていた場合はグラスなどに入れず、瓶に直接口をつけてそのまま飲みます。

 

<おつまみ>

フィリピンのサンミゲルビールと一緒にいただきたい、ご当地おつまみもあります。

■シシグ

細かく切った豚肉とニンニクを醤油や唐辛子で味付けしたもの。

ご飯のおかずとしても定番のフィリピンの家庭料理です。

濃い味付けですが、生卵を落として食べるとまろやかになって美味しい。

ちょうど良い塩気とピリッとスパイシーな風味で、ビールがすすみます♪

■チチャロン

豚の皮をカリッと揚げて塩をふったシンプルなおつまみ。

もともとはメキシコなどの南米から来た料理のようです。

日本の鶏皮と似てますね。

スナック菓子がスーパーに売っています。

■えびせん

「Oishi社」から出ている「Prawn Crackers」。

見た目も味もカルビーのかっぱえびせんにそっくり。

言わずもがな、ビールなどお酒のおつまみにはピッタリです。

■ディンドン

おつまみとしては定番のスパイシーなミックスナッツ。

フィリピン人なら誰でも知っていて、子供のおやつにも。

とうもろこし、ピーナッツ、グリーンピース、そら豆が入っていて、日本で食べる豆菓子と同じような味です。

■ナガラヤ

カリッとしたおかけきのような衣にピーナッツが包まれた豆菓子。

ホット&スパイシー味、バーベキュー味、アドボ味などがあります。

フィリピンのコンビニやスーパーでは必ず売っている国民的人気のお菓子です。

■ドライマンゴー/バナナチップス

甘党にはこちら。

フィリピンのあっさり系ビールにはフルーツも合います。

 

<サンミゲルの価格>

ラベルによっていろいろですが、29ペソ〜140ペソほど。

容量はだいたい330mlです。

レストランやバーでは高くなるので、スーパーやコンビニで買って飲むのがおすすめ!

 

<フィリピンスタイルのビールを楽しもう!>

ザ・東南アジアといったスッキリ系の味が多いフィリピンのサンミゲルビール。

シンガポールのタイガービールやタイのシンハービールなどが好きな方にもピッタリだと思います。

グラスに氷を入れて爽やかに味わうフィリピンの飲み方をぜひ満喫してみてください♪

南国で飲むビールってやっぱり最高です!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら