フィリピン留学で英語は伸びるの?

フィリピンは、アメリカ、インドに次いで3番目に英語を話す人口が多い国ですが、実はそのことはあまり知られていません。
そのため、フィリピン(特にセブ)への留学が人気でも、「本当に英語力が伸びるの?ただ安いだけではないの?」と疑う人もいるかもしれませんね。
 
フィリピンでは小学校からほぼ全ての科目が英語で教えられ、就学したフィリピン人はみんな英語が標準的に話せます。
母国語はタガログ語(セブはセブアノ語)ですが、基本的に国民のほとんどはバイリンガルか、もしくはそれ以上の言語を操っています。
ただ、貧富の差が激しいため、全員同じレベルの教育を受けているわけではなく、現地語しか話せない人たちも一定数います。
実はフィリピンには80以上の現地語があり、田舎の方へ行くと同じフィリピン人同士でも意思疎通が難しいことがあるくらいです。
 
ただ、それでも街を歩けば会話は英語中心で行われていることがわかります。
レストランやショッピングモール、タクシーなどでも、接客には英語が使われています。
また、テレビ番組も英語のものがたくさん放送されています。
日本のように英語を学ぼうと躍起にならずとも、生活の中に自然に英語がある環境です。
 
フィリピン人は、外では「英語」を使い、家族や親しい友達との会話にはフィリピン語を使う、といった具合に、言語を分けて使っている人が多いようです。
 
こういった環境で育ったフィリピン人の中で、特に語学力に優れている人たちが、語学学校の講師になっています。
英語をしっかり文法から学んできた経緯があるため、ネイティブよりも、生徒がどこでつまずくかが分かります。
そんな講師たちと、フィリピンでは1対1で学べる環境があります。
欧米へ留学しても、ほとんどは10〜20人の生徒が一緒に勉強するグループレッスンになります。
フィリピン留学が人気の理由として、この授業形態も挙げられるでしょう。
ネイティブじゃなくても英語力を大幅に伸ばすことは可能ですし、むしろ授業の質で言えばフィリピンの方が上回っているかもしれません。
 
その他、クオリティの面を覗いても、日本から4時間で行けるという近さや、費用の安さももちろん魅力です。
欧米へ留学すれば、時間もお金ももっとかかりますから、それと比べるとフィリピンへの留学はかなり気軽に行けるわけです。
海が好きな人は、美しいビーチやマリンアクティビティが楽しめるという点も見逃せません。
 
日本の隣の韓国では10年前からフィリピン留学に注目してきており、今でも多くの韓国人が訪れています。
セブをはじめとして、フィリピンへ留学してみると、韓国の学生が多いことに驚くことでしょう。
 
また、学生だけでなくシニアや親子など、様々な留学形態が可能なことも魅力です。
最短1週間からでもできるフィリピン留学、ちょっとした休みに遊びがてら体験してみても良いと思います。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら