フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

タガログだけじゃない!複雑なフィリピンの言語


フィリピンの言語といえば、最初に思いつくのはタガログ語かと思います。
その他に、第二言語である英語を、多くの人が日常的に使って生活しています。

しかし、実はフィリピンには合計172に及ぶ言語が母語として存在しています。
ほとんどは「アウストロネシア語族」というものに属しますが、同じ語族の中であっても、まったく意思疎通ができないほど異なっているものもあります。

また、フィリピンはスペインの植民地であった歴史も長く、スペイン語も広く理解されています。
フィリピン独自のスペイン語へと発展している部分も大きいです。
スペイン語とクレオール言語(異なる言語の商人らなどの間で自然に作り上げられた言語)によって形成されたチャバカノ語や、近隣国である中国の北京語やビン南語、さらにアラビア語を話す人までいます。

公用語はフィリピン語と英語ですが、この「フィリピン語」もまた複雑で、1987年にフィリピン共和国憲法ができた時に正式に採用された、タガログ語を基にした人工言語です。

このような複雑な言語体系を持つようになったのは、フィリピンが7100以上の島々から成る国であることが大きな要因です。
言語集団はタガログ語の他に100以上あると言われています。
英語留学先として人気のセブにもセブアーノ語という母語があり、タガログ語よりもメインで話されています。

アメリカの植民地であったことからアメリカ英語を話す人口は多いですが、フィリピン国家は自国の言語で統一させることで発展を図り、タガログ語を普及させてきました。

実際にフィリピンへ行ってみると、英語よりもタガログ語が圧倒的に優勢だということがわかります。
また、この2言語が合わさった「タグリッシュ」も存在します。

単一の言語のみで生活する私たち日本人にとっては、ちょっとイメージしにくい世界かもしれません。
しかし、言語を知ることは、その国を知ることにつながります。
英語はもちろんのこと、少しでもタガログ語やセブアーノ語を勉強してから行くと、現地では歓迎されるでしょう。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら