フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

金製品や陶器のコレクションは必見!フィリピン・マニラ「メトロポリタン美術館」



フィリピンの首都・マニラの最古の地区イントラムロス地区南方のマラテ地区にある「メトロポリタン美術館」は、1976年創業のフィリピンの主要な美術館のひとつ。一見行政施設のように見える建物の中には見応えのある伝統的な美術品が数多く展示されており、マニラの人気観光スポットとして注目されています。


フィリピン中央銀行所有の金製品や陶器のコレクションは必見


メトロポリタン美術館はフィリピン中央銀行が管轄する施設で、地下に常設展示されているフィリピン中央銀行所有の金製品や陶器のコレクションが最大の見どころ。フィリピンの現代美術にも力を入れており、フィリピン人のアーティストによるデッサンや油絵、水彩画などを中心に展示されています。建物の2階には絵画だけでなく、インスタレーションや映像作品などもあり、ほかにも考古学資料や伝統工芸品、企画展の開催もあり、訪れた人たちを飽きさせません。館内は撮影禁止となっているので、案内にしたがって鑑賞しましょう。


デッサンや工作が楽しめるワークショップも開催


メトロポリタン美術館では、デッサンや工作の指導などのワークショップが不定期で開催されています。また、フィリピンの映画の発展を促進させるため、全国文化芸術委員会の映画委員会によってフィリピンの映画を展示するイベントも行われたりとイベント行事も大いに盛り上がります。毎週火曜日と土曜日はサービスデーとなっており、誰でも気軽に芸術に触れることのできるので、普段芸術鑑賞をしない方も身近に立ち寄ることができます。

視覚障害者のためのアートプログラム「アート・オブ・ザ・ブラインドプログラム」では、観ることの代わりに、アート作品に触れる、聴くことができる点字を利用した独特のプログラムが用意されています。さまざまな角度からフィリピンのアートを楽しめるメトロポリタン美術館に、ぜひ一度訪れてみてください。



【メトロポリタン美術館 基本情報】

住所 :BSP Complex, Roxas Blvd, Malate, Manila, Metro Manila
アクセス :LRTキリノ通り駅から車で5分
定休日 :日曜、祝日
営業時間 :10:00〜17:30
料金 :100P



        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!