フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピン最後の秘境、未踏の自然が多く残されている「パラワン島」



フィリピンのパラワン島は、手付かずの自然が多く残されることから“フィリピン最後の秘境”、“伝説の楽園”ともいわれています。世界一の長さを持つ「プエルト・プリンセサ地底河川」や大理石の鍾乳洞、驚くほど透明度の高い天然のビーチなど雄大な自然が広がる人気観光スポットとして世界各国から注目されています。


自然の宝庫!世界で一番美しい島と言われているパラワン島

 

自然の宝庫!世界で一番美しい島と言われているパラワン島

 

フィリピン本土とボルネオ島の間に位置するパラワン島は、州都プエルト・プリンセサを中心に文化・貿易・政治が発展している島。フィリピンの最大面積を誇る州ながら、その人口は約75万人で、島の中央部にあるプエルト・プリンセサを除くほとんどのエリアは大自然に囲まれたジャングルと山岳地帯に覆われ、透明度の高い海に囲まれたまさに「フィリピン最後のフロンティア」です。

ユネスコの世界遺産に登録されている「トゥバタハ岩礁海中公園」や「プエルトプリンセサ地底河川」をはじめ、20世紀初頭まで伝統的な焼畑農業や狩猟生活を送っていた少数民族が暮らす山岳地帯などへのエコツーリズムが盛んに行われています。南北に長いパラワン島の周囲には無数の小島があり、世界有数のダイビングスポットとして親しまれています。基点となるのは「プエルト・プリンセサ」と「エルニド」。一歩パラワン島に足を踏み入れれば、大自然とそこに暮らしてきた人々の暮らしを満喫することができるはずです。

 

年間を通して過ごしやすいリゾート地


年間を通して過ごしやすいリゾート地

 

パラワン島の気候は北部の「サバナ気候」、中部の「熱帯モンスーン気候」、南部の「熱帯雨林気候」と大きく三つに分類されます。雨季と乾季が存在するものの、年間を通して大きな変化はなく、年間平均気温は約27℃ととても過ごしやすい気候が特徴です。とくに3月〜5月上旬にかけては海が穏やかになり、ダイビングやヨットなどのマリンスポーツが盛んになり、高級ビーチリゾートとして観光客が多く訪れます。どこまでも青くため息がでるほどの美しい海の先にはマングローブの林や高い断崖、山がそびえ自然の絶景は心身共に癒されるうえに冒険心もくすぐられます。
パワラン島ではカシューナッツが有名で、中部東側で栽培されるシベットコーヒーはお土産にも人気です。マングローブの木から取れるタロミックという牡蠣のような味がする珍味やフィリピンの家庭料理のチキン・アボド、ココナッツミルク煮やフィリピンならではのスイーツハロハロも必見です。



        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!