フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

世界最長の地底河川、フィリピン世界遺産「プエルト・プリンセサ地底河川国立公園」


 

フィリピン最後の楽園・パラワン島。島の州都でもあるプエルト・プリンセサに位置するプエルト・プリンセサ地底河川国立公園は、世界遺産に登録されています。ミルキーブルーの海に石灰岩の断崖、エルニドにも匹敵するほどの美しいビーチ、巨大鍾乳洞など冒険要素たっぷりの人気観光スポットでもあります。

 

フィリピン世界遺産「プエルト・プリンセサ」ってどんなところ?


「プエルト・プリンセサ」は、フィリピンパラワン島の中央部に位置するプエルト・プリンセサにある、地底の鍾乳洞を流れる河川。通称アンダーグラウンドリバーと呼ばれ、マニラから飛行機で約1時間半、プエルト・プリンセサ市内からはバンで約2時間の場所にあります。航行可能な地底河川としては世界最長のもので全長8.2㎞にも及び、河川は山麓の鍾乳洞から南シナ海へと流れ込み、潮の干満による環境変化で多様な生態系が育まれると同時に美しいラグーンを形成しています。川は海の潮の影響で深さが変化し、一帯にはさまざまな種類の生物が生息しています。その独特な生態系をもつ下流域の自然やラグーンの景観美から、1999年に世界遺産登録されました。2011年の「新・世界の七不思議」に選定されたことから一気に知名度が広がり、観光客が訪れるようになったといいます。


神秘的な光景が広がる世界遺産の地底川見学


プエルト・プリンセサ地底河川へはガイドのヘッドランプのみで巡ることができ、およそ40分ほどの国立公園の地底河川探検クルーズとなります。真っ暗な洞穴の中は手漕ぎボートで懐中電灯の光と頼りに奥へと進み、奇岩や鍾乳石で囲まれた神秘的な空間にたどり着きます。聖堂のように見える「カテドラル」や「マリア像」がみどころで、静かな空間で神秘的な雰囲気が漂っています。洞窟にはたくさんのコウモリが生息しており、コウモリの糞尿の独特の匂いがします。水滴が口の中に入らないよう、洞窟の中では口を開かないよう注意し、ガイドの言うことを守りましょう。
自然保護の観点から完全予約制となり通常当日入場することはできない上、現在は新型コロナウイルスの影響により訪れることも難しいので、収束し安全にフィリピンへ行けるようになったら最新の情報を確認するようにしてください。



フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら