フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンの中華風焼きそば!日本人も食べやすいローカルフード「パンシットカントン」



「パンシットカントン」は、大人気のフィリピン風焼きそば。見た目は日本の焼きそばと変わらず、味付けはソイソースやオイスターソースで仕上げます。さっぱりとした味付けのものが多く、フィリピンお馴染みの家庭料理のひとつ。一袋の量は日本のインスタント麺と比べると少ないので、おやつ感覚で食べられるのでとても人気を集めています。


フィリピンローカルフード「パンシットカントン」ってどんな料理?

 

パンシットカントンは、一言で言うとフィリピン風焼きそば。パンシットは「麺料理」、カントンは中国の「広東風」という意味をもち、パンシットカントンは広東麺を使用された麺料理を指します。昔からフィリピンには中国人が交易のために訪れており、フィリピン料理の多くは中国からの影響を受けているのです。パンシットカントンはスーパーやコンビニに行くとインスタント麺コーナーにズラリと並んでいるので、どこでも簡単に購入することができます。
フィリピンで一番人気の商品は「Lucky me」で、ノーマルなオリジナルフレーバーをはじめ、カラマンシー、チリマンシー、スウィート&スパイシー、エキストラホットチリなどさまざまなフレーバーがあります。フィリピン人はインスタント麺が好きなため、どこの家庭でも家に常備しておくほど親しみのあるローカルフードなのです。インスタント焼きそばと作り方も同じな上に日本人の舌に合う味付けで、子どもから大人まで食べやすい料理となっています。

 

パンシットカントンは種類豊富でフィリピン土産にも喜ばれる!


パンシットカントンには使用する麺の種類は地域によって変わってきます。中華麺のほかにビーフンを使用する場合もあり、少し太めの中華麺でモチモチ食感が楽しめます。最近ではインスタントカップタイプのものもあり、バラマキ土産にとても人気です。いろいろなフレーバーを用意して、選ぶ楽しさも味わってもらうというのもおすすめ。普段フィリピンで親しまれているものを共有すれば、きっとその国に親近感を持つはず。いろいろなフレーバーを食べて、フィリピンのローカルフードを楽しんでみてください。



フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら