フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

多言語国家フィリピン、公用語とフィリピン語の種類



日本からも訪れやすく、手軽に行ける海外旅行先として人気のフィリピン。公用語が英語で英語が通じる場所が多く、世界各国の中でもトップクラスの英語力を誇るフィリピンは言語留学先としても馴染みのある国。実際はフィリピン語と英語どちらで話せば良いのでしょうか?


英語話者の多いフィリピン、言語の使い分け


フィリピンの英語話者は約340万人にものぼり、世界第9位。かつてアメリカの植民地だった歴史があり、現在も英語を話す人はたくさんいることからフィリピンの言語は英語が中心のようにみえます。学校教育も英語が中心に行われていますが、フィリピンの公用語は「英語」と「フィリピン語(フィリピノ語)」の2言語です。公用語のフィリピン語は、タガログ語を基本にした言語となっています。タガログ語は首都・マニラを中心にブラカン州からバタンガス州などルソン島中南部一帯で話されていた言語で、タガログ語が中心になっていきました。

また、フィリピンでは英語はフォーマルな言語という認識があり、公共の場をはじめ各企業などでも使用されています。広告や道路標識、商品、テレビも英語表記です。出稼ぎ大国とも言われるフィリピンは英語が話せると国内や海外で待遇の良い仕事につけるため、幼少期から英語を熱心に勉強する人が多いのです。一方、フィリピン語など英語以外の言語は家族や友人と話すときに使われます。


フィリピンには170以上の言語が存在する


マレー系民族が多いフィリピンですが、国内の各地域や7,000以上の島々には100以上の民族が存在し、それぞれ独自のローカル言語を話すため、フィリピンには170以上の言語が存在するとれています。ビサヤ諸島のビサヤ語やスペイン語の影響が濃いチャバカノ語、セブで使用されたセブアノ語など、タガログ語以外にたくさんの言語が話されていることが分かります。
これらの言語は日本でいう都道府県ごとの「方言(訛り)」とは全く異なり、それぞれが一つの言語として成り立っているためフィリピン人同士でも理解できません。このような背景があり言語による統一と意思疎通を図るため、フィリピン語が作り出されました。近年タガログ語と英語が混ざった、「タグリッシュ」という言語を話す人も増えてきています。



        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!