フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

古くから根付いたフィリピンのソフルフード「アドボ」



フィリピンの家庭料理である「アドボ」。アドボは、スペイン語やタガログ語で「マリネ」を意味し、肉は酢を主体とした調味液に漬け込んでから調理します。バラエティーに富んだ食材や味付けで、フィリピンでは各家庭でオリジナルの「アドボ」が食べられています。


フィリピンのソウルフード「アドボ」ってどんな料理?


「アドボ」は酢で漬け込んだ肉や野菜を煮込んだ料理の総称で、フィリピンで日常的に食べられる家庭料理の一つ。豚肉を使った「ポークアドボ」、骨付きの鶏肉を使った「チキンアドボ」が代表的です。アドボは家庭やレストランによって調理法や具材がさまざまで、共通の調理方法は酢に漬け込んで煮込むことだけ。味付けには醤油や魚醤、にんにく、砂糖などを使うのが一般的ですが、照り焼きのように煮汁をとばして調理するものもあれば、シチューのようにアレンジしたりと色々な発想で料理が楽しめます。フィリピンのほかにもスペインにも同じ名前の料理があり、発祥はスペイン。外国から伝わり、フィリピンで人々の好みやその地の味付けによってレシピが変化し、ローカル料理として根付いて行きました。


やわらかくてジューシーなお肉が美味しい


アドボの作り方はお肉を一口サイズにカットし、醤油・ナンプラー・酢・砂糖・肉を混ぜ、にんにく・玉ねぎ・肉を炒めて混ぜた調味料と炒め合わせて完成。酢によって肉が軟らかくなり、調味料の風味が染み込み美味しくなります。日本人はご飯と一緒に食べるとご飯が進み、初めての人も食べやすくなります。酢に漬けて肉を煮るということ以外は作り方に決まりはないので、好みの味でアレンジしてみましょう。高温多湿な地域にあるフィリピンでは、冷蔵庫が普及していない時期に、酢で煮たアドボは腐りにくいことで一般家庭で広まったとされています。



フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら