世界最長のロックダウン!フィリピンの子供達を対象にチャリティにご協力下さい!!フィリピンの子供たちを救いたい! フィリピン田舎暮らしを配信中!! Kuya Kaz【Philippines life】 エドちゃんねる Ed Channel Philippines 2009年からフィリピンマニラに住んでいるエドワードがフィリピンの情報を発信しています。特にに海外移住、フィリピン移住のことを中心に情報を発信しています。昨今、日本を離れ海外へ移住する人が増えてきていますのでその参考になればと思います。 BamBuhaiフィリピン基地局 アンヘレスを拠点にフィリピンのトピックを配信していくBamBuhaiチャンネルを開設現地での検証動画と皆様に役立つ情報、生活など沢山の方に参考にして頂ければと思い開設しました。 AYUDAちゃんねる フィリピンに取り残されてしまった日本人のリアルを配信中!

どういうシーンで渡すべき?フィリピン・セブ島のチップ事情



日本にはない“チップの文化”。欧米をはじめ世界の国々ではサービス料、マナーとしてチップをわたすことが習慣になっています。フィリピン・セブ島では基本的にチップは必要ありませんが、時と場合によってはチップを求められるシーンもあります。


タクシー、ホテル、レストランでは基本的にチップは不要


現地にいるときしばしば利用するタクシーですが、基本的にチップは不要です。厚意で観光地を案内してくれたり、町の情報を教えてくれたり、気持ちの良いサービスをしてもらった場合には気持ちでタクシー代のおつりをチップ代わりにして渡してもOK。ホテルも同様に必要ないものの、高級ホテルの場合、ホテルで荷物運びをしてくれたポーターやベッドメイキングで部屋を掃除してくれたスタッフへ50〜100ペソを渡しましょう。セブ島内のレストランでは、サービス料を会計時に一緒に計算される「サービスチャージ」があるので基本的にチップは不要です。


フィリピンマッサージ店ではチップが必要


フィリピン・セブ島ではマッサージが有名ですが、施術後はチップを渡すのがマナー。1対1のサービスを受けた際はチップを払いましょう。マッサージ店のチップの相場は大衆店で20〜50ペソ、高級店は50〜100ペソ。施術後に担当スタッフに感謝の言葉を添えて直接渡しましょう。格安で技術を提供しているセブ島のマッサージ店では、お客さんからのチップは励みになります。気持ちを渡すという感覚で、施術を受けた際は渡してあげましょう。


観光客を狙った悪質なチップ要求には注意が必要


これといった明確なルールのないチップ文化がゆえ、場合によっては悪質なチップ要求で被害に遭うことも。日本人はお金持ちという認識のある人からは通常よりも高い値段のチップを要求してくることもあります。しつこく粘ってくる場合は相手にせずに断りましょう。また、こちらから頼んでいないのに案内や荷物運びを手伝おうとしたり、写真を撮る代わりにチップを要求するなど、悪質な人には気をつけなければなりません。

セブ島へ行く際は、50〜100ペソほどの小銭を持ち歩くようにしましょう。細かいお金を持ち歩くことでタクシーでの支払いやチップなど有効に使うことができます。