フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

どういうシーンで渡すべき?フィリピン・セブ島のチップ事情



日本にはない“チップの文化”。欧米をはじめ世界の国々ではサービス料、マナーとしてチップをわたすことが習慣になっています。フィリピン・セブ島では基本的にチップは必要ありませんが、時と場合によってはチップを求められるシーンもあります。


タクシー、ホテル、レストランでは基本的にチップは不要


現地にいるときしばしば利用するタクシーですが、基本的にチップは不要です。厚意で観光地を案内してくれたり、町の情報を教えてくれたり、気持ちの良いサービスをしてもらった場合には気持ちでタクシー代のおつりをチップ代わりにして渡してもOK。ホテルも同様に必要ないものの、高級ホテルの場合、ホテルで荷物運びをしてくれたポーターやベッドメイキングで部屋を掃除してくれたスタッフへ50〜100ペソを渡しましょう。セブ島内のレストランでは、サービス料を会計時に一緒に計算される「サービスチャージ」があるので基本的にチップは不要です。


フィリピンマッサージ店ではチップが必要


フィリピン・セブ島ではマッサージが有名ですが、施術後はチップを渡すのがマナー。1対1のサービスを受けた際はチップを払いましょう。マッサージ店のチップの相場は大衆店で20〜50ペソ、高級店は50〜100ペソ。施術後に担当スタッフに感謝の言葉を添えて直接渡しましょう。格安で技術を提供しているセブ島のマッサージ店では、お客さんからのチップは励みになります。気持ちを渡すという感覚で、施術を受けた際は渡してあげましょう。


観光客を狙った悪質なチップ要求には注意が必要


これといった明確なルールのないチップ文化がゆえ、場合によっては悪質なチップ要求で被害に遭うことも。日本人はお金持ちという認識のある人からは通常よりも高い値段のチップを要求してくることもあります。しつこく粘ってくる場合は相手にせずに断りましょう。また、こちらから頼んでいないのに案内や荷物運びを手伝おうとしたり、写真を撮る代わりにチップを要求するなど、悪質な人には気をつけなければなりません。

セブ島へ行く際は、50〜100ペソほどの小銭を持ち歩くようにしましょう。細かいお金を持ち歩くことでタクシーでの支払いやチップなど有効に使うことができます。



フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら