フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンがすべての国際線発着を禁止!JAL、ANAも運休へ


4月27日のフィリピン政府からの発表によれば、ロックダウンが延長された5月15日まで、すべての国際線旅客機の発着を禁止するとのこと!
 
昨日までは、地元フィリピンのフィリピン航空やセブパシフィック航空が、全便の運休期間を延長すると発表していましたが、今後は日本とフィリピンを結んでいるすべての便も、運航されなくなります。
 
 
便数を限定して運行していたJALと全日空のマニラ〜成田便も、飛ばなくなるということです。
 
いつから禁止が適用になるのかはまだ公表されていませんが、これによりフィリピンに滞在している日本人が日本へ帰るすべは本当に何もない状態になってしまいました。
 
セブに残っている留学生も、マニラに滞在する駐在員も、しばらくはフィリピンから出られません。
 
 
これまでは外国人をフィリピンから出すことに関してはむしろ積極的だったフィリピン政府ですが、ここに来て方針を変えたようです。
 
5月15日までは、貨物機のみ発着が認められます。
 
 
フィリピンの新型コロナウイルス感染者は4月27日時点で7,777人、死者は511人となり、増加ペースは鈍化しているものの、依然として終息に向かっているようには見えません。
 
「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」の期間も、5月15日で終わるのか・・先がまったく見えない状態となっています。
 
ドゥテルテ大統領は、ウイルスを封じ込めるためなら今はどんな手段でも取るつもりでしょう。
 
メトロマニラのマカティ市では、外出禁止に違反した外国人男性と警察が口論になり、起訴されるという事件も起こっています。
 

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら