フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

27日、フィリピンにモスバーガー1号店ついに開店


2月27日、日本が誇るハンバーガーチェーン「モスバーガー」が、フィリピンに1号店をオープンしました。
 
場所は、メトロマニラのオルティガスにあるショッピングモール「ロビンソンガレリア」1Fです。
 
 
日本のオリジナルをベースに、味付けはフィリピン人の味覚に合うよう調整されているとのこと。
 
察するに、甘いソースとかが使われていそうですね!
 
 
しかし、素材へのこだわりは変わらないとのことで、新鮮なモスのハンバーガーが食べられるのは現地で暮らす日本人にとっても嬉しいニュースでしょう。
 
価格は、フィリピン最強のハンバーガーチェーン「ジョリビー」より少し高めで、チーズバーガー、フライドポテト、ドリンクのセットで249ペソ(約500円)。
 
モスオリジナルのライスバーガーは、ご飯が大好きなフィリピン人にはウケそうですね。
 
また、具材をレタスで挟んだメニューなど、日本のモスにはないものも揃えています。
 
1号店の席数は50席となっており、開店と同時に多くのお客さんが入って埋まったそうです。
 
 
運営しているのは「モスバーガーフィリピン」。
 
現地の「トーキョーコーヒーホールディングス」と共同出資して設立された合併会社です。
 
会長の桜田氏は開店に立ち会い、「健康を意識した日本の食をアピールしたい」と話しました。
 
モスはこれまでにも海外に出店を果たしており、台湾に276店舗、シンガポールに41店舗あるほか、タイやインドネシアにも進出しています。
 
フィリピンでは2028年までに50店舗に増やしていく方針だそう。
 
また、2020年内にはベトナムにも進出する予定となっています。
 
 
ちょっぴり高級なイメージのモスバーガーですが、スタバなど外資系飲食チェーンと同様、フィリピンの中流階級以上には人気が出そうです。
 
また、最近はフィリピン人も健康志向に目覚め始めているので、野菜たっぷりのモスバーガーはブランドイメージも良いかもしれません。
 
フィリピン人に合わせた味とはどんなものなのか?
 
私たち日本人も食べてみるのが楽しみですね。
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!