フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

マニラ、BGCの観光スポット&見どころ


フィリピンは現在、大きく発展を遂げている最中です。
 
東南アジアらしいローカルな人々が暮らすエリアも多数ありますが、マニラ首都圏やセブなど都市部はかなり先進国に近づいています。
 
特にBGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)は、メトロマニラの中でも「近未来都市」と呼ばれている洗練されたエリア。
 
もともとはアメリカ軍の私有地だった場所で、フィリピン建設大手のアヤラグループが一から造った計画都市です。
 
高層オフィスビルやコンドミニアム、高級ホテルが立ち並び、治安も非常に良いので日本人駐在員も多く暮らしています。
 
経済中心地マカティからも4キロほどの距離で、ビジネスや投資で世界各国から人々が集まっています。
 
もしマニラに旅行に来るなら観光でもBGCを訪れてみてほしいと思います。
 
今回は、BGCの遊び場、観光スポットなどの見どころをご紹介します。
 
 

■「アートの街」BGC

BGCは経済の中心地として開発が進んでいるだけでなく、「アートの街」という顔も持っています。
 
街中には様々なアーティスティックなモニュメントが配置されているほか、ビルの壁に絵が描かれているなど、見回すとそこらじゅうにアートが。
 
街全体が美術館のようになっているオシャレなエリアなんです。
 
■「THE TREES」
BGCの西側エリアにある「ブルゴスサークル」という場所は、中心地が公園になっており、「THE TREES」という名前のモニュメントが置かれています。
1997年に制作されたもので、BGCのアートの中でも最も古いもの。
不思議な構造の木ですが、どこか可愛らしさもあります。
場所:Burgos Circle Accessible Via 29th St. or Forberstown Road or 2th Ave.
 
■「KASAYSAYAN BAWAT ORAS」
1996年に開催されたコンペの受賞作品で、フィリピンの革命家アドンレス・ボニファシオの記念碑。
太陽の光によって、マラナオ族伝説の島「Sarimanok(サリマノク)」が飛び立つ姿が表現されています。
場所:24th St. corner Rizal Drive
 
■「BALANGHAI」
フィリピンの最小の地方自治単位を表す「Barangay(バランガイ)」をもじった造語「BALANGHAI」がタイトルとなっているモニュメント。
幾何学的でミステリアスなデザイン。
場所:Gomez Circle Accessible 23rd St. or 4th Ave.
 
■「WE ARE WHAT WE PRETEND TO BE」
「WE ARE WHAT WE PRETEND TO BE」は、BGCにある4種類の壁画のタイトルです。
等身大の人と、動物のイラストがコラボしているという味のあるアートは、オシャレでユニーク。
フォトスポットとしても有名です。
場所:B1 Building, Bonifacio High Street, 7th Ave.
 
■「THE WAY HOME」
カラフルでどこかフィリピンらしい配色の壁画。
子供っぽさや遊び心を感じさせる作品で、道ゆく人々の注目を集めています。
場所:One Parkade, Lane 0 corner 7th Ave.
 
■「THE HEART OF GODS COUNTRY」
BGCの中心にある大きな通射場の壁面に描かれた大きな絵です。
バオバブと思われる力強い木が描かれており、神秘的かつパワフルなエネルギーを感じます。
場所:W Fifth, 32nd St.
 
■「SWEET DREAMS IN BGC」
BGC随一の高級ショッピングエリアであるハイストリート。
ここにもたくさんのアート作品があり、「SWEET DREAMS IN BGC」は、月と雲がカラフルかつ幾何学的に描かれています。
場所:C3 Building, Bonifacio High Street Central, 7th Ave.
 
■「THREE HOUSE」
ハイストリートの1本南側の通り沿いに描かれている木の壁画。
本物の木と絵の木が重なって、新しいスタイルのアートを作り出しています。
場所:B2 Pocket Parking, Bonifacio High Street, Lane 0
 
これらの他にも、公園内の遊具や体験型のモニュメント、個性的なデザインのベンチなど、BGCでは至るところでアート作品に触れることができます。
 
その数はなんと50以上。
 
芸術的なものが好きという方にとっては、どこを歩いても楽しいと感じられる街です。
 
たくさんのアートを目にして感性を磨いてみませんか♪
 
 

■おしゃれなハイストリートでお買い物

BGCに来たら外せないのがハイストリート。
 
ハイストリートは、1キロほどに渡る遊歩道型のショッピングスポットです。
 
ファッションブランドをはじめとする様々なショップのほか、おしゃれなカフェやレストラン、日本料理店もあり、便利で洗練された雰囲気となっています。
 
また、植木や池、噴水など自然が溢れる空間を演出しており、ショッピングをしながら緑にも癒されることができます。
 
何も買うものがなくても、歩いているだけで心地よいエリアです。
 
上記で紹介したようなアート作品も、敷地内にたくさんあります。
 
住所:Mc Kinley Parkway Fort Bonifacio Global City Taguig
 
 

■庶民派も楽しめるマーケット

ハイストリートを抜けた先には「Market!Market!」があります。
 
ハイストリートの高級感あふれるイメージとはまた違い、このマーケットはどちらかというと庶民派で、果物や野菜などの食品のほか、各地方の特産品や民芸品、アウトレットもあります。
 
あらゆる業種の小さなお店が一つ屋根の下にひしめき合っていて、活気が溢れており、見ているだけで楽しいです。
 
全体的に価格も安めなので、お土産品を買うのにもちょうど良いスポットとなっています。
 
ただ、フィリピンの地元民もたくさん集まる場所のため、スリや置き引きなど荷物管理は少し厳重にした方が良いでしょう。
 
住所:McKinley Parkway, Taguig, Metro Manila
 
 

■アップタウン・モールで美味しい和食

「アップタウン・モール」は、BGCに北側に2015年にオープンしたモールです。
 
ショッピングエリア、レストランエリア、フードコート、オフィスエリアなどに分かれている複合施設となってます。
 
普通のショップや映画館も入っていますが、このモールの見どころは飲食店。
 
フィリピン料理はもちろん、丸亀製麺や和民など、和食も充実しています。
 
人気なのはしゃぶしゃぶ屋さんの「Shaburi(しゃぶ里)」。
 
食べ放題で699ペソ(約1,500円)からなので、なかなかリーズナブルです。
 
野菜もたくさん採れるのが嬉しいです。
 
住所:8th Avenue, Makati, 1630 Metro Manila
 
 

■シャングリ・ラに泊まってみる!

BGCには、5つ星ホテル「シャングリ・ラ・ザ・フォート・マニラ」があります。
 
2016年に出来たばかりで、まだ新しい施設です。
 
高さは250メートルあり、フィリピンの高層ビルトップ4のうちの1つ。
 
せっかく高級エリアに行くなら、この最高級ホテルに泊まって、とことんラグジュアリーに過ごすというのも良いかもしれません。
 
最高級5つ星といっても、フィリピンの物価は日本より安いため、3万円台から宿泊できます。
 
ゲストルームの設備や接客が素晴らしいのはもちろんのこと、ホテル内のレストランも一流のものばかりなので、食事だけで利用してみるのも良いでしょう。
 
子供が遊べる施設も充実しているので、ファミリーにもおすすめです。
 
BGCの中でも最高に便利な立地にあるので、ハイストリートへはもちろん、どこへ行くにも移動が楽!
 
なお、建物内にはホテルの客室だけでなく、長期滞在者向けのコンドミニアムも備えています。
 
こんな高級マンションに住めたら良いですね〜。
 
住所:30th Street, corner 5th Ave, Taguig, 1634 Metro Manila
 
 

■「XYLO」でマニラの夜を満喫!

もともとは「Valkyrie」という名前で営業していたナイトクラブ。
 
アップタウンモールのすぐ近くにあり、マニラ最大規模のクラブとして知られています。
 
収容可能人数はなん2,000人で、1階が見渡せる2階には、6つのプライベートルームも備えています。
 
EDMを中心とした音楽がかかっており、毎晩大勢の人が飲んで踊って楽しんでいます。
 
ドレスコードがあり、男性はサンダル、ハーフパンツは禁止、女性はビーチサンダル禁止です。
 
入場料は平日800ペソ(約1,700円)、週末は1,000ペソ(約2,100円)で、2ドリンク付きとなっています。
 
住所:9th Avenue corner 36th Street, Uptown Bonifacio, Taguig, Metro Manila
 
 

■無限の可能性を秘めたBGCを見てみよう!

いかがでしょうか?
 
さまざまなアート作品を鑑賞することができ、買い物も楽しめて、夜も楽しく飲みに行ける近未来都市BGC。
 
おしゃれで洗練された街の中を歩いているだけでも、フィリピンの急速な発展ぶりを感じることができます。
 
多くの日本人がこのエリアに住みたいと考えるのも納得。
 
治安が良く夜1人で出歩いても問題ありませんし、ゴミ1つ落ちておらず綺麗に整備されているのもびっくりです。
 
フィリピンの旅行先としてはセブが人気ですが、マニラにもぜひ滞在し、無限の可能性を秘めたBGCを見てみてください。
 
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!