フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピン訪問中の中国人が新型肺炎で死亡


新型コロナウイルス感染による肺炎で、フィリピンを訪問していた44歳の中国人男性が亡くなりました。
 
中国本土以外の地域で死者が出たのは初めてで、フィリピン国内ではますます緊張が高まっています。
 
 
中国人男性は、武漢市から香港を経由してフィリピンに入国していたとのこと。
 
一番最初にフィリピンで感染が確認された38歳の女性と同行しており、2人は首都マニラの病院の隔離病棟で治療を受けていました。
 
ここ数日は回復の兆しを見せていたと言います。
 
しかしその後容体が急変し、亡くなったとのこと。
 
 
フィリピン政府はこれを受けて、香港とマカオを含む中国からの訪問者を一時的に入国禁止にすることを決めました。
 
ただし、フィリピン国民と永住権を持つ人は例外だということです。
 
WHOフィリピン事務所は、「中国国外での死亡者が出たのは初めてだが、武漢市から来たということを念頭に置くべきだ」と話しています。
 
 
中国本土における感染者は現在14,380人、死亡者は304人に上っています。
 
感染が大きく拡大している武漢市では病院も足りなくなっており、急ピッチで臨時病院を建設しているところです。
 
1つの病院はすでに完成し今日3日から患者を受け入れる体制が整うとしており、もう1つも5日に完成予定。
 
2,300人の受け入れが可能になるとしています。
 
 
世界では全部で26の国と地域で感染者が出ており、患者は世界全体で14,555人とのこと。
 
死亡率は2%程度とはなっているものの、感染拡大のスピードが早いことが恐ろしい部分です。
 
ワクチンもまだなく、抗ウイルス薬も確立されていません。

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!