フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

タール火山噴火の避難命令の大半を解除


フィリピン、ルソン島のタール火山が1月12日に噴火してから2週間が過ぎました。
 
周辺住民は不安な避難生活を送っていましたが、フィリピン当局は26日、大規模な噴火の可能性が下がったとして、避難命令のほとんどを解除したということです。
 
 
避難命令の対象となっていたのは、タール火山の火口から14キロ以内の範囲に住む住民15万人以上。
 
700回以上もの火山性地震に怯えながら暮らし、生活の糧であった畑が火山灰に埋もれたり、押しつぶされて家屋を失った人もいます。
 
噴火後、一時は噴煙が15,000メートルの高さにも達しました。
 
学校や官公庁も休みになったほか、首都マニラのニノイ・アキノ国際空港も閉鎖されるほどの大きな影響があり、今回の噴火による経済的な損失は142億円にも上ると言われています。
 
 
事態はようやく一段落つきそうではありますが、依然として噴火の可能性がなくなったわけではありません。
 
自宅に戻ってからも、何かあれば1時間以内にすぐに避難できる準備を常にしておくよう呼びかけられています。
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!