フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フォトジェニックなマニラ旅行の感動スポット


フィリピンへの旅行といえばセブが人気ですが、実は首都マニラにも見どころはたくさんあります。
 
経済成長が目覚ましいこの国で、今一番進化のスピードが早く、エキサイティングなエリアです。
 
今回は、マニラ旅行でぜひ見てほしい感動の景色やフォトジェニックなスポットをご紹介します。
 
きっとフィリピンのイメージが変わることでしょう!
 
 

■マニラ湾の夕日

海で囲まれている島国フィリピンには美しい朝日や夕日が見られるスポットがいくつもありますが、マニラ湾に沈む夕日は「世界三大夕日」としても知られています。
 
マニラ湾は南シナ海に面して広がっており、湾岸にはホテルや商業施設などがたくさん並んでいるため、そこでゆっくりとトロピカルカクテルでも飲みながら眺めるのがおすすめ♪
 
オレンジやピンクなど刻一刻と色を変えながら沈んでいく夕日はすごくロマンティックなので、恋人と過ごすにも最高の時間となるでしょう。
 
マニラ湾の夕日がばっちり見えるスポットには、以下のようなスポットがあります。
 
■ホワイト・ムーン
マニラ湾岸に建つ「H2O」というホテルにあるバーです。
 
建物の2階に位置しており、席がオープンエアになっているため、潮風に吹かれながらゆっっくりと夕日を見ることができます。
 
良い席はすぐに埋まってしまうので、夕方になる前に入店し、ベストな場所を確保してください。
 
■マニラ・ベイウォーク
その名の通り、湾岸を散歩できる遊歩道です。
 
海に沈む夕日をプラプラと歩くには最高のスポット。
 
ベイウォークには多くの飲食店や屋台もあり、ちょっとつまみながら景色を楽しむこともできます。
 
 

■オカダマニラの噴水ショー

「オカダマニラ」とは、日本人が経営するリゾートホテル。
 
ゴージャスなカジノを併設しているのが特徴で、カジノ目的で訪れる人も多いですが、敷地内に巨大な噴水があり、無料のショーを行なっています。
 
光と水と音楽の融合によるエンタテイメントといった感じで、幻想的な色に変化しながら繰り広げられるパフォーマンスは一見の価値ありです!
 
ショーの日程は以下の通りです(変更になる場合があります)。
 
月〜木:18〜22時の毎時、1曲約4分
金、土:18〜24時の毎時、2曲約8分
日:18〜23時の毎時、2曲約8分
 
金土日は1回あたりのショーが長くなるのでおすすすめです!
 
しかも無料っていうのが嬉しいですよね。
 
実物を見ると本当にすごい迫力ですので、マニラに来たら絶対に見て欲しいスポットの1つです。
 
ただ、時間が近づくとだんだん混んできますので、早めに行って見やすい場所を確保しましょう。
 
なお、オカダマニラはカジノ施設もまた圧巻の豪華さなので、こちらも併せて覗いてみてください。
 
入場は無料です。
 
 

■ルーフトップバーからの夜景

マニラ市内には高層ホテルが多数あり、その多くにルーフトップバーがあります。
 
ルーフトップバーからは大都会マニラの美しい夜景が見えて、これもまた非常にロマンティックです。
 
美味しいお酒や料理を楽しみながら、夜景をバックにディナーなんて贅沢ですよね♪
 
外に席があるお店が多く、夜風をあびながら景色と食事を楽しめます。
 
おすすめは、以下のルーフトップバーです。
 
■ ミレイオ・テラス(Mireio Terrace)
マカティにある最高級ホテル「ラッフルズ」の9階にあるバーです。
 
フィリピン屈指のビジネス街マカティの一等地で、おしゃれなワインでも飲みながら過ごしてみてください。
 
1,010ペソ(約2,020円)でビール、ワイン、カクテルが飲み放題というゴールデンアワーもあります!
 
■アンティドーテ(antidote)
マカティのブルゴス地区という場所にあるホテル「I’M hotel」のルーフトップバー。
 
夜景が美しいのはもちろんのこと、ふわふわとクラゲが泳ぐ巨大な水槽もあり、おしゃれで幻想的な雰囲気となっています。
 
カクテルは1杯300ペソ(約600円)程度から。
 
■Z hostel(ゼット・ホステル)
こちらはホステルの屋上にあるルーフトップバーで、バックパッカーが多く集まっています。
 
景色を楽しむこともできるほか、世界のいろんな旅行者と交流できる場所としても有名で、1人でも気軽に飲みに行けるスポットです。
 
 

■世界遺産「サン・アグスチン教会」

かつてスペインに統治されていた時代のあるフィリピンには、ヨーロピアンな建物がたくさん残されています。
 
中でも絶対に訪れるべきなのが、旧要塞都市「イントラムロス」にある「サン・アグスチン教会」です。
 
フィリピン最古のバロック様式の石造り教会で、現在の建物は1606年に造られたもの。
 
キリスト教の布教を目的に造られ、1994年にユネスコの世界遺産にも登録されました。
 
度重なる戦争や災害によってイントラムロスの中の建造物はほとんどが破壊されてしまいましたが、このサン・アグスチン教会だけは建設時のまま残りました。
 
ステンドグラスやシャンデリア、彫刻などで趣向を凝らした内装が非常に美しく、アジアにいるとは思えないカトリックの雰囲気が漂っています。
 
現在も祈りを捧げに多くのカトリック教徒が訪れるほか、結婚式場としても使われています。
 
また、併設されている博物館も当時の歴史をうかがい知ることのできる資料や文化物がたくさん展示されており、見応えがあります。
 
教会と一緒にぜひ見てみてください。
 
なお、この地区はあまり治安がよくないため、昼間の明るい時間帯に行くようにしましょう。
 
 

■自然もシティも世界遺産も楽しめるマニラ

フィリピンの首都マニラで見られるフォトジェニックなスポットをご紹介しました!
 
海外旅行先としてはそこまで人気とは言えないマニラですが、自然もシティライフも世界遺産も全部楽しめる穴場だと思います。
 
今後もどんどん発展し、世界各国からこの国を訪れる人は増えることでしょう。
 
定番のリゾートではなく、ちょっとユニークでコアな旅をしてみたいという方は、ぜひマニラを訪れてみてください。
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!