フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンで安全な都市はどこ?ランキングで紹介


フィリピンは治安が悪いとよく言われています。
 
確かに東南アジアの中では犯罪件数も多い方で、特に日本人にとっては安全な国とは言えません。
 
しかし、実はエリアによって大きな差があります。
 
フィリピンの中にも、安心して暮らせる場所もたくさんあるんです。
 
今回は、フィリピンの安全な都市上位10をランキング形式でお届けします。
 
旅行での滞在はもちろん、留学や移住などの長期滞在でも、フィリピンのどこに住むか迷っている方はぜひ参考にしてください。
 
 

■10位:ケソンシティ(Quezon City)

メトロマニラの都市ケソンシティ。
 
首都マニラの北東に位置し、広大な面積を計画的に整備された比較的新しい都市です。
 
そのため交通渋滞も少なく、緑豊かな公園や史跡の多いエリアとなっています。
 
マニラの前に首都の役割を果たしていたことから行政機関も多くなっており、メトロマニラの中でも最も大きな都市です。
 
海外からの投資も増えており、ビジネスや不動産投資でのチャンスも大きいエリア。
 
ケソンの中でも「イーストウッド」というエリアは高級コンドミニアムが立ち並び、主に富裕層が住んでいることから、特に安全な地区です。
 
ヨーロピアン風の街並みも見受けられ、非常に綺麗で整然としています。
 
ショッピングモールやレストランも多く、暮らすのには全く不便はありません。
 
 

■9位:サンボアンガ(Zanboanga)

サンボアンガは、ミンダナオ島の最西端にある都市です。
 
「ミンダナオの誇り」や「美しいサンボアンガ」などの異名を持つほど、高度に都市化されています。
 
また、「アジアのラテン都市」とも呼ばれており、スペイン統治時代の名残を至るところで見ることができます。
 
「チャバカノ語」というスペイン語とマレー系言語がミックスされたクレオール言語が話されているのが特徴です(ただし共通語としてセブアノ語も話されています)。
 
経済は主に農業と漁業で賄われており、ココナッツ、コメ、トウモロコシなどの生産されています。
 
サンボアンガには28の離島が属しており、スキューバダイビングなど観光客が遊べる場所もあるほか、「サンタクルス諸島」はピンク色のサンゴから出来た砂のピーチが有名です。
 
1990年代には過激派テロ組織アブ・サヤフによる誘拐未遂事件が起こったため治安が悪いというイメージも持たれていますが、現在は改善されて比較的安全な都市となっています。
 
 

■8位:バコロド(Bacolod)

バコロドは、ネグロス島北部にある島内最大の都市。
 
「微笑みの街」と呼ばれるほど、人々がフレンドリーで親しみやすいのが特徴です。
 
港湾都市となっており、対岸にあるイロイロ市とは毎日フェリーでコネクトしています。
 
サトウキビやココナッツ、コメなどの農業もさかんですが、最近では英語力を生かしたコールセンターなどのアウトソーシング産業も成長しています。
 
毎年10月に行われるお祭り「マスカラ・フェスティバル」は、人々が派手な衣装で踊って盛り上がる、バコロド最大のイベントです。
 
街全体がのんびりとしており、観光客がジープニーに乗っても大丈夫なくらい、治安は良好です。
 
田舎ですが、大型ショッピングモールや飲食店も豊富にあり、生活環境は整っています。
 
 

■7位:イロイロ(Iloilo)

フィリピン中部のパナイ島南岸にある都市で、対岸にはバコロドのあるネグロス島があります。
 
イロイロは「愛の街」と呼ばれ、人々は穏やかで優しいです。
 
経済の中心は農業で、砂糖、コプラ、バナナ、マンゴーなどが多く輸出されています。
 
現在開発が積極的に進められている都市の1つで、2015年にはAPEC会議が行われるなど、海外からも注目度が高まっています。
 
治安に関しては「NOカジノ、NOスラム、NOストリートチルドレン」のスローガンを掲げており、非常に良好です。
 
また、地理的特性から台風などの自然災害の被害にも遭いにくい場所となっています。
 
その他、世界遺産にも登録されている「サン・トマス・デ・ビリャヌエバ教会」など、観光スポットもたくさんあります。
 
 

■6位:マニラ(Manila)

フィリピンの首都マニラは6位にランクイン。
 
経済発展が目覚ましく、高層ビルが立ち並び、インフラ整備も最も進んでいる大都会です。
 
世界的なビジネスのハブともなっており、海外企業も多く進出しています。
 
また、スペイン統治時代の旧要塞都市「イントラムロス」をはじめとする観光スポットも多数あり、毎年100万人を超える観光客がマニラを訪れます。
 
治安の良さはエリアによってまちまちですが、エルミタ地区やマラテ地区などナイトレジャーで有名なエリアは比較的治安が悪くなっていますので、遊びに行く際は注意が必要です。
 
マニラにはストリートチルドレンや麻薬中毒者などが蔓延るエリアも多数存在するので、暗くて狭いローカルな場所へな足を踏み入れないようにしましょう。
 
 

■5位:セブ(Cebu)

フィリピンの南国リゾート地として最も有名なセブ。
 
近年は観光はもちろん、英語留学先としても人気です。
 
セブは「セブ島」と「マクタン島」に分かれており、セブ島では語学学校やショッピングモールがたくさんあるシティライフ、マクタン島ではビーチリゾートが楽しめます。
 
セブシティには治安の良い場所も悪い場所もありますが、経済の中心地となっている「ITパーク」などのエリアは先進国と変わらないほど発展しており、比較的安全です。
 
ただ、マニラと同様にスラム街も存在するので、ローカルなエリアでは一気に治安レベルが下がります。
 
観光客をターゲットにしたタクシーのぼったくりやスリなどの犯罪も起こりますので注意してください。
 
留学で訪れる場合は語学学校の寮に入ることがほとんどだと思いますので、夜に出歩いたりしなければ概ね安全に過ごせます。
 
 

■4位:カガヤン・デ・オロ(Cagayan de Oro)

北ミンダナオ地方の中心都市であるカガヤン・デ・オロ。
 
「黄金の友情の街」という異名を持つほど、この街の人々はホスピタリティに溢れていると言われています。
 
ケチャップで有名な「デルモンテ」をはじめとする多くの多国籍企業が拠点を持っており、農産物加工産業がさかんです。
 
また、州立大学や専門学校も集中している学園都市でもあります。
 
治安は体感的にやはりセブより良好で、夜遅くを除いてはかなりリラックスして過ごせます。
 
これといって大人気の観光スポットはまだありませんが、公園や温泉、ラフティングなど、自然を満喫できるアクティビティが楽しめます。
 
 

■3位:ダバオ(Davao)

ミンダナオ島最大の都市であるダバオ。
 
2008年にフィリピン観光省から「最も住みやすい街」に認定されています。
 
もともとドゥテルテ大統領が市長を務めていたことでも有名です。
 
以前はフィリピンの中でも治安は最悪と言われていましたが、ドゥテルテ氏の徹底的な政策によって、フィリピン有数の安全な都市へと生まれ変わりました。
 
現在はタクシーでのぼったくりもほとんど起こらず、日本人でも安心して過ごせます。
 
また、かつては東南アジア最大の日本人街があり、多くの日本人が住んでいたことでも知られています。
 
周辺には「サマール島」というビーチリゾートやフィリピン最高峰の「アポ山」など、観光スポットもあり、近年急速に人気が高まっています。
 
語学学校も多く安全なため、留学先としても多くの日本人に選ばれています。
 
 

■2位:ヴァレンズエラ(Valenzuela)

ヴァレンズエラは、メトロマニラにある都市です。
 
目立った観光スポットは特にありませんが、大型ショッピングモールやレストランも揃っており、生活に不便はありません。
 
ただ、治安が良いランキングに入っているだけで、特に住むメリットは今のところなさそうです(笑)
 
 

■1位:マカティ(Makati)

メトロマニラで最も発展している都市マカティが堂々の第1位にランクイン!
 
フィリピンの経済中心地として機能しており、諸外国から多くの企業が参入しています。
 
ビジネス、投資、留学、観光すべてにおいて最も活気があり、日本人の駐在員も大勢暮らしている街です。
 
高層オフィスビルや高級コンドミニアムも数多く建設されており、その様子はもはや先進国。
 
ショッピングモールや飲食店は数え切れないほどあり、日本でいえば東京のような感じです。
 
インフラも整ってきており、治安も良好。
 
特に安全なのは、「レガスピ」や「サルセド」という高級住宅街で、このエリアに住んでいれば、日本とほぼ変わらない感覚で生活ができます。
 
安全と利便性を優先したいという人は、迷わずマカティを選べば間違いありません。
 
 

■長期滞在におすすめなのはマカティ&ダバオ!

いかがでしょうか?
 
フィリピンの安全な都市ランキングをお届けしました。
 
犯罪率をもとに出しているランキングなので、体感としては多少誤差があるかもしれませんが、やはりマカティ、ダバオは移住にも留学にもおすすめの都市です。
 
安全性、利便性、エンタメ性、どれをとっても優秀な都市だと思います。
 
これからフィリピンを訪れる予定のある人は、こういった地域別の治安情報を参考にして、より安全で過ごしやすいエリアを選ぶと良いかもしれませんね。
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!