フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

絶対食べたいフィリピンのソウルフード


日本ではあまりメジャーではないフィリピン料理ですが、現地で食べてみると案外美味しくてハマる人が多いです。
 
気候も風土も違うフィリピンでは日本とは異なる食材もいろいろ使われますが、実は味付けに関しては醤油や酢など馴染みのあるものが多く、食べやすいメニューがたくさんあります。
 
今回は、フィリピンに来たら絶対に食べたい、フィリピンのソウルフードをご紹介しましょう♪
 
 

■シシグ(Sisig)

多くの日本人が「美味しい!」と唸るのがシシグ。
 
豚のほほ肉や耳、皮などの部位を細かく切って、唐辛子、にんにく、酢、醤油などとともに鉄板の上で炒めた料理です。
 
熱々のうちに上に乗っている生卵を崩して、和えて食べます。
 
濃いめの味付けのため、ビールのお供に最高です。
 
ライスと一緒に食べればパンチの効いたおかずになります。
 
カラマンシーというスダチのような柑橘類が添えられているので、それを絞って爽やかさをプラスするとさらに美味しいです。
 
 

■アドボ(Adobo)

鶏肉や豚肉を、にんにく醤油と酢などに漬け込んでから、じっくり煮込んだ料理。
 
フィリピン風シチューといったところです。
 
食欲をそそる味付けで、汁をご飯にかけて食べるのがまた絶品。
 
フィリピン料理店には必ずある一品ですが、お店によってレシピが違うため、お気に入りの味を見つけてみましょう。
 
お酢のさっぱり感もあり、いくらでも食べられそうな美味しさ。
 
 

■シニガン(Sinigang)

肉や魚介、野菜などいろいろな具材を煮込んだスープで、フィリピンの代表的な家庭料理の1つです。
 
こちらもかなりお酢が効いており、暑いフィリピンでも食欲をそそります。
 
日本でいう味噌汁的な位置付けで、日々フィリピンの食卓に登場するソウルフードです。
 
 

■パンシット(Pancit)

醤油やナンプラー、塩こしょうなどで味付けしたフィリピン風やきそば。
 
タイの「パッタイ」にも似た感じですね。
 
中華麺だけでなくビーフンなどのライスヌードルや春雨が使われることもあります。
 
こちらも添えられているカラマンシーを絞って、柑橘の香りを加えて食べると美味しい!
 
ナイトマーケットの屋台などでもよく見かけるメニューなので、ぜひ試してみてください。
 
ちなみにフィリピンでは「パンシットカントン」というパンシットのインスタント麺も大人気で、よく食べられています。
 
いろんなフレーバーがあってなかなか美味しいので、機会があればこちらも併せて食べてみましょう。
 
スーパーやコンビニに売っていて、1つ20〜30円と激安です。
 
 

■ジョリビー(Jolibee)

フィリピン料理というよりはファストフードなのですが、フィリピン人にとってはもはやソウルフードとも呼べるくらい愛されているジョリビー。
 
フィリピンでは世界のマクドナルドですら足元にも及ばないほどの人気で、店舗数はフィリピン国内だけで2,800を超えます。
 
ハチのキャラクターが印象的なハンバーガー店ですが、人気のメニューはハンバーガーではなく、フライドチキン&ライス。
 
とにかくお米とチキンが大大大好きなフィリピン人は、どこでもこの組み合わせを食べたいようです(笑)
 
そして、これと併せてジョリビーでみんなが注文しているのは、スパゲティ。
 
柔らかく茹でられたパスタに、甘いバナナケチャップを絡めたもので、日本人にはあまり馴染みがない味付けかもしれません・・。
 
なんといってもめちゃくちゃ甘いので、食事というよりお菓子のよう。
 
かなり好みが分かれるメニューです。
 
ただ、こちらもフィリピンに来たなら一度は試しておくと良い経験になるかも。
 
 

■レチョン(Lechon)

レチョンは、フィリピンのお祝い事で必ず出てくる子豚の丸焼きです。
 
見た目はちょっとグロテスクですが、食べるとめちゃくちゃ美味しい!
 
外は皮がパリッと焼かれ、中にはジューシーなお肉が。
 
炭火で焼いているので、香ばしさがあってたまりません。
 
パーティなどで出てくることが多いですが、フィリピン料理店でも食べることができます。
 
もちろん、丸焼きがそのまま出てくるわけではなく、ちゃんとカットされて提供されます。
 
 

■ビコール・エクスプレス(Bicol Express)

かつてマニラとビコール地方を結んでいた列車から名前を取った料理です。
 
ルソン島南部のビコール地方の名物料理で、ナンプラーで味付けした豚肉をココナッツミルクと青唐辛子で煮込んだもの。
 
フィリピン料理は一般的に甘い味付けが多いのですが、このビコール・エクスプレスは青唐辛子が効いていて辛いのが特徴です。
 
ピリッとしたスパイシーさとアジアのエスニック感を十分に味わえる一品となっています。
 
 

■カレカレ(Karekare)

名前からも見た目からもカレー味なのかなと思いきや、実はピーナッツペーストで味付けしているというフィリピンの家庭料理。
 
あまり想像できないかもしれませんが、肉や野菜がまろやかに煮込まれており、食べやすい味です。
 
フィリピン人はこれを白いご飯と一緒に食べます。
 
チンゲンサイやナスなど、野菜もたくさん摂れるのが嬉しいところ。
 
エビの塩辛を風味づけにちょっとだけ付けて食べるとさらにGOOD。
 
 

■トゥロン(Turon)

さて、ここからはデザートです。
 
トゥロンは調理用のバナナと黒砂糖、果物などを春巻きの皮で巻いて揚げたスイーツ。
 
外はパリッと、中はとろ〜りバナナが出てきて味も食感もたまりません♪
 
フィリピンではおやつとしてよく食べられており、屋台では揚げたてを買うことができます。
 
 

■タホ(Taho)

あったかい絹ごし豆腐に黒蜜やタピオカを加えたデザート。
 
フィリピンでは朝ごはんとして食べられているそうですが、これまた日本にはないとろける食感と味で、めちゃくちゃ美味しい〜!という声が多いです。
 
毎朝できたての豆腐を運びながらタホを売るおじさんが道を歩いているので、見つけたら声をかけて買ってみましょう。
 
1つ20ペソ(約40円)くらいです。
 
ちなみに日本でもタホは密かなブームが始まっているようで、東京の高円寺にタホの専門店が出来ています。
 
温かいスイーツなので冬も楽しめるのが嬉しいですね♪
 
 

■ウベアイスクリーム(Ube icecream)

ウベは紫色をした山芋で、フィリピンのスイーツにはよく使われています。
 
日本にも沖縄にムラサキイモのスイーツがあり、よく似ていますが、厳密にはムラサキイモはサツマイモの仲間で、山芋の仲間であるウベとは別物だそうです。
 
ウベには山芋らしい粘りがあり、ムラサキイモほど甘くありません。
 
アイスクリームも上品な味わいで、甘いスイーツが多いフィリピンでは珍しく、自然で控えめな甘さとなっています。
 
ウベアイスはアイスクリームショップで食べられるのはもちろんのこと、ハロハロの具材にもよく使われています。
 
ハロハロとは、かき氷やアイスクリーム、ゼリー、小豆、ナタデココなどをごちゃ混ぜにしたフィリピンの代表的なスイーツ。
 
トッピングにウベアイスを加えると最高です♪
 
 

■フィリピンのソウルフードを楽しもう!

いかがでしょうか?
 
フィリピンで絶対に食べて欲しいソウルフードをご紹介しました。
 
全体として濃くて甘い味付けが多いのが特徴です。
 
フィリピン料理をいろいろ試してみることで、この国の風土や文化なども分かってきて面白いと思います。
 
また、レストランだけでなく屋台やローカル食堂が楽しめるのも魅力。
 
フィリピンのビール「サンミゲル」とともに、美味しいフィリピン料理を堪能してください!
 
 
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!