フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

抗がん作用もある?フィリピンの謎フルーツ「グヤバノ」


フィリピンには日本ではそうそう見かけることのない珍しいフルーツが多々ありますが、今回は「グヤバノ」という果物をご紹介します。
 
「グアバ」はトロピカルフルーツとして有名ですけど、「グヤバノ」は聞いたこともない、どんなものか想像も出来ない・・という人が多いのではないでしょうか?
 
フィリピンでは缶ジュースがよく売られており、どうやらポピュラーなフルーツのよう。
 
味も美味しく、ガン予防にも良いという噂もあるグヤバノですが、一体どんなフルーツなのでしょうか。
 
 

■グヤバノ(Guyabano)とは?

グヤバノとはバンレイシ属バンレイシ科の果物です。
 
メキシコなどの中米地域やカリブ諸島、北米などが原産となっており、フィリピンをはじめとする東南アジアだけでなく、サブサハラの熱帯地方でも見ることができます。
 
日本語では「トゲバンレイシ」や「シャシャップ」と呼ばれているようです(全然日本語っぽくないですが)。
 
また、英語では「サワーソップ(soursop)」という名前になっています。
 
その果実はゴツゴツとした感じで、緑色の玉に棘が生えたようなデザイン。
 
しかし、棘といっても見た目より柔らかく、ふにゃふにゃしているので怪我をしたりすることはありません。
 
中身はパイナップルのような爽やかな甘さにクリーミーな香りを加えたような味で、そのまま食べるのはもちろん、ジュースにしたりお菓子に加工されたりしています。
 
質感は繊維状ですがねっとりしていて柔らかく、ドリアンを彷彿とさせる感じですが、きつい匂いはありません。
 
 

■グヤバノの健康効果とは?

抗がん作用があると言われているグヤバノ。
 
どうやらその栄養成分の正体は、「アセトゲニン」や「キノロン」といった物質らしいです。
 
異常な細胞への血流を遮断することから、あらゆるガンの治療に適しているのだとか。
 
この他にも、抗炎症作用、美肌効果、免疫系の強化、健胃腸効果、鎮痛作用、ウイルス性疾患の防止など、もはや薬か?!と思えるほどさまざまな効果があるみたいです。
 
ただ、強すぎるその健康効果のせいなのか副作用的なものもあるらしく、カリブ諸島の研究では、グヤバノに含まれる「アンノナシン」という成分がパーキンソン病などの脳損傷を起こす可能性があるとされています。
 
おそらく大量に摂取すると悪影響がある、ということだと思いますので、毎日たくさん食べるのはやめましょう。
 
 

■葉は実際に薬として使われている

果実の部分はおいしく栄養たっぷりで健康効果も多大にあるグヤバノですが、実はその葉っぱにもかなりの有効成分が入っているらしく、薬として使われているようです。
 
お湯で煎じて飲んで解熱剤にしたり、すり潰して吹き出物に塗ると治療できたり、湿布にしてリウマチや皮膚感染症を予防したり炎症を抑えたり・・・などなど、かなり幅広いジャンルの病気に効くみたいですね。
 
これだけ様々な効果があることから、グヤバノは昔は「幻の果実」と呼ばれていました。
 
今でも実がなるまでには3〜10年くらいかかるので、レアなフルーツであることは間違いなさそうです。
 
 

■グヤバノはどこで買える?

そんな幻の果実とも称されるグヤバノは、フィリピンのスーパーで売っています。
 
お値段は1キロ200円前後。
 
現地では特に珍しがられているものでもないので、普通に買えます。
 
購入時のポイントは、指で押した時に少し凹むくらいの柔らかさがあるものを選ぶこと!
 
アボカドと同じで、固いものを買っても全然美味しく食べられません。
 
熟している必要があるんですね。
 
ただ、熟しすぎて黒くなっているものはすでに腐っているので、それも買わないように注意しましょう。
 
 

■で、おいしいの?

気になるグヤバノの味ですが、当然ながら個人によって好みは分かれるため一概に美味しいとも美味しくないとも言えません。
 
「めっちゃ美味しい!」という人もいれば「もう2度と買わない」という人もいます(笑)
 
南国のトロピカルフルーツって本当に不思議なものもたくさんあります。
 
グヤバノは一応、パイナップルっぽい甘酸っぱさにココナッツのようなクリーミーさを足した感じだと言われていますが、実際のところはどうなのか、それは自分で食べてみるしかありませんね!
 
 

■美味しく試すならジュースがおすすめ!

生のグヤバノを試すのはちょっと面倒だな〜という方は、まずジュースを飲んでみるのがおすすめです!
 
フィリピンではスーパーなどでよく売られていますので、気軽に買えます。
 
ボトル入りの濃縮タイプもありますし、缶入りのストレートタイプもあります。
 
ジュース自体は若干とろみのあるネクターのような感じで、柔らかな乳白色をしています。
 
フルーツにカルピスかヨーグルトを混ぜたような酸味を感じる香りです。
 
味が調整されているので、生の果実よりは美味しいと感じる人が多いはず。
 
若干クセはあるものの、日本では飲んだことのない新しい美味しさです。
 
また、ショッピングモールのフードコートでもグヤバノジュースを提供するスタンドを見かけるので、ここではフレッシュなグヤバノが楽しめそうです。
 
 

■フィリピンのレアフルーツ「グヤバノ」を試してみよう!

謎のフルーツがたくさん存在するフィリピン。
 
グヤバノはその中でも特にさまざまな効果がある、非常にレアなものの1つです。
 
今後は本当にガン治療にも使われることがあるかもしれませんね。
 
見かけたらぜひ試してみてください♪

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!