世界最長のロックダウン!フィリピンの子供達を対象にチャリティにご協力下さい!!フィリピンの子供たちを救いたい!

フィリピン、マカティの不動産がおすすめな理由


フィリピン不動産投資は近年急速にその市場が成長していますが、とりわけ日本人などの外国人が注目しているのが、メトロマニラのマカティ市です。
 
この都市が不動産投資に向いている理由とは何なのでしょうか?
 
 

■とにかく発展が著しい

マカティに初めて来た日本人のほとんどは、フィリピンではなくまるで別の国に来たのではないかという錯覚を覚えるようです。
 
一般的なフィリピンのイメージとはかけ離れ、高層ビルが立ち並ぶ大都会が広がっています。
 
近代化したその都市を見れば、ここが発展途上国だとは到底思えないでしょう。
 
マカティは日本で言う銀座や東京のような感じだと言う人も多く、数多くの外資系企業のオフィスや高級ホテル、そして高層コンドミニアムが建設されています。
 
「フィリピンのウォール街」の異名も持ち、経済・ビジネスの中心地となっているマカティは、当然不動産価値も高く、住宅需要も高まっています。
 
今後も成長していくことが明らかな都市なので、不動産投資においては非常にリスクの低い有望なエリアと言えるでしょう。
 
 

■不動産価格は緩やかに上昇している

東南アジアの不動産投資といえば、フィリピンのほかにもタイやマレーシアなどがポピュラーです。
 
しかし、その中でもフィリピンが特に注目される理由は、不動産価格がまだ上がりきっていないという点。
 
フィリピンでは法律上、外資の資本持ち込みに制限があり、投資が爆発的に増える、ということが起こりません。
 
つまり、価格上昇が比較的緩やかなのです。
 
これは、いわゆる「バブル崩壊」のリスクが少ないことを意味しています。
 
フィリピンの一等地とも言われるマカティですが、ここでも突然不動産価格が急上昇するという現象は起こりにくく、実際に価格はまだ上がりきっていません。
 
投資を始めるにあたって、まだ十分な時間の余裕があり、なおかつ将来的にも乱高下するリスクが少ないというのは、投資家にとって非常に安心できる要素となるでしょう。
 
 

■治安が良い

不動産を運営していくにあたっては、当然ながら資産を持つ人々からの需要が必要となります。
 
マカティは、特に外国人が好む治安の良い都市であるというのもポイントです。
 
簡単に言えば、お金持ちしか住んでいない街なので、犯罪件数も少なく安全なエリアとなっているのです。
 
実際、マニラで生活する日本人の多くはマカティを好む人が多くなっています。
 
マカティは、見た目からしても治安の悪さは感じさせませんし、夜に一人で出歩いても問題ないほど安全です。
 
もちろん、日本と比べれば治安レベルは劣りますが、フィリピン国内の中では間違いなくトップクラス。
 
貴重品管理など最低限のことをしっかり守って生活していれば、危険な目に遭うことはほぼありません。
 
 

■高い利回り

高級住宅街のあるマカティでは、家賃は当然地方都市より高く、それなりに高い利回りも期待できます。
 
フィリピン不動産の2019年4月時点での利回りは、45平方メートルの物件で平均7.01%、80平方メートルで7.16%となっています。
 
マカティだけに関して言えば、なんと9.46%という高い数字を叩き出しており、フィリピン国内で最高です。
 
 

■優れた内装デザイン

フィリピンのコンドミニアムには家具付きの物件が多いですが、外国人に貸すとすれば尚更、家具付きの部屋の方が需要が高いです。
 
家具は基本的にオーナーが選んでいることが多く、物件によってはひどいセンスの部屋も・・。
 
しかし、この点においてもマカティの不動産は別で、高級コンドミニアムの内装は専門のデザイナーが手がけています。
 
そのため、素人っぽさはなく、洗練されたデザインの部屋が手に入るというわけなのです。
 
部屋を借りる人にとって内装や家具のデザインというのは想像以上に重要で、入居者が付くか否かを分けることになります。
 
 

■利便性が抜群

経済中心地となっているマカティは、当然利便性も非常に高くなっています。
 
徒歩圏内に高級ショッピングモール、日本食レストラン街「リトルトーキョー」、日本食材も揃うスーパー、ファストフード、コンビニなどなど何でも揃っています。
 
特に日本食レストラン街の「リトルトーキョー」は、クオリティの高い本格的な和食が食べられるとあって、通っている日本人がとても多いです。
 
わざわざタクシーなどを使って遠くから来る人もたくさんいるくらい。
 
マカティに住んでいれば、いつでも美味しい和食が食べられるので、日本人は安心して暮らせます。
 
 

■交通渋滞にも巻き込まれない

どこへも移動せずに生活の全てがマカティ内で賄えるというのは、大きなメリットです。
 
なぜならマニラは交通渋滞がひどく、どこへ行くにも長い時間がかかります。
 
用事を足そうにも全く予定通りにいかなかったり、待ち合わせの場所に遅れてしまうことも日常的にあります。
 
しかしそれも、マカティに暮らしていればそもそもどこへも行く必要がない、という場合が多いんです。
 
銀行も病院もモールも学校も、すべてエリア内にあります。
 
東京で言うなら、新宿に住んでいるようなものです。
 
短い距離ならタクシーに乗ることもあるかもしれませんが、2時間も3時間も車内に閉じ込められるようなことはないでしょう。
 
マカティに職場がある人は尚更、毎朝郊外から通勤のために車で移動するのは多大なストレスになりますので、マカティに住んだ方が絶対的に快適です。
 
 

■マカティ内のおすすめ不動産投資エリア

ここで、マカティの中でも特におすすめな不動産投資エリアをご紹介しておきます。
 
■レガスピ地区
「グリーンベルト」や「グロリエッタ」といった高級大型ショッピングモールがあるエリア。
リトルトーキョーにも近く、綺麗に整備された公園もあり、富裕層が集まっています。
特に日本人の単身赴任者や夫婦世帯に人気のエリアとなっています。
 
■サルセド地区
大通りを挟んで、レガスピ地区の反対側に位置するエリアです。
緑あふれる公園、新鮮な食材が手に入るマーケットなどがあり、閑静な住宅街といったところ。
ショッピングモールは少ないですが、コンドミニアムは多数あります。
レストランやバー、カフェなども多く、生活環境が整っているので利便性は大変良いです。
 
■ロックウェル地区
セキュリティゲートを通過しないと入れない、非常に安全な地区。
建物全てが綺麗で洗練されており、BGCにも似た様相を呈しています。
「パワープラントモール」というショッピングモールや、欧米人向けのレストランなども多くなっています。
 
 

■マカティ不動産に興味がある方へ

いかがですか?
 
数多あるフィリピン不動産エリアの中でも、特に日本人投資家におすすめのマカティについてご紹介しました。
 
すでに先進国並みの発展を遂げている都市ですが、今後はさらに外資系企業の参入も進み、世界中から多くの人々から集まるでしょう。
 
フィリピン不動産購入を検討している人にとっては、間違いなく外せないエリアの1つです。
 
ただ、不動産投資には失敗のリスクがあるのも事実ですし、デベロッパー選びなど堅実な判断が必要なので、まずは信頼できるエージェントに相談することをおすすめします。
 
BTWINでは、フィリピン不動産の中でも特にマニラのマカティやBGCなどの発展しているエリアを中心に、価値のある物件をご紹介しています。
 
日本語通訳付きの視察ツアーなどもご案内していますので、ぜひ一度お問い合わせください。
 
ご相談は無料です!
 
詳しくはこちらから。
 
 
 

AYUDAちゃんねる フィリピンに取り残されてしまった日本人のリアルを配信中!   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!