フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

マクタンニュータウンで気軽にリゾートを満喫しよう!


セブの海でダイビングやシュノーケリングを楽しみたい人の多くは、ボートで離島へ移動します。
 
より都会から離れることで自然環境も豊かになり、美しい海でアクティビティが楽しめるためです。
 
だけど、そんな時間と手間をかけてまで行くのはちょっと面倒・・そんなに本格的なダイバーでもないし・・もっと気軽に遊べるところはないかな?という人には、マクタンニュータウンビーチがオススメです!
 
マクタンニュータウンビーチは、セブ島セブシティから車で約30分走ったマクタン島にあるリゾートエリア。
 
わざわざ離島まで行かなくても綺麗な海で泳げちゃうんです!
 
 

■先進的な開発エリア「マクタンニュータウン」

マクタンニュータウンビーチは、もともとは庶民のための「プロトフィーノ・ビーチ」という名前で呼ばれていました。
 
現在の名前は「マクタンニュータウン」という巨大開発エリアが建設され始めてから、新たにオープンして付けられたものです。
 
「マクタンニュータウン」は「生活・仕事・遊び・学び」をすべて内包したタウンシップとなっており、フィリピンの新しいライフスタイルを提案しています。
 
その中の高級コンドミニアムはすでに投資家たちの注目の的となっているほか、ショッピングモールやカフェ、レストランなどもオープンしています。
 
今後はインターナショナルスクールやホテル、オフィスも出来るとのこと。
 
開発を手がけているのはフィリピンで最も有名なデベロッパーの1つ「メガワールド」です。
 
コンドミニアムはまだ完成していないものもありますが、すでに売約済みのものも多くあり、そのうち6〜7割は日本人が買い占めているのだそう。
 
マクタン空港からも近いため、外国人投資家に人気があります。
 
もちろんコンドミニアムには、プール、ジムを完備しており、サウナやテニスコートまであります。
 
 

■マクタンニュータウンビーチへのアクセス

マクタンニュータウンビーチへは、マクタンニュータウンの商業エリアから歩いて5分ほどです。
 
タクシーで行く際にはまずはマクタンニュータウンまで行き、そこから自分で歩けます。
 
いろんなところにサインが配置されているので迷いにくいとは思いますが、不安な方はセキュリティのスタッフなどに聞いてみれば教えてくれるはずです。
 
 

■マクタンニュータウンビーチの海

都会に近い海だから・・とあまり期待しない人もいるかもしれませんが、マクタンニュータウンビーチの海も、十分に綺麗です!
 
晴天時にはエメラルドグリーンに輝き、透明度も高いため、南の島のリゾート感を存分に味わえますよ!
 
ビーチでのんびりするのはもちろん、バナナボートやジェットスキー、SUP(スタンドアップパドルボード=ボードの上に立ってパドルを漕ぐスポーツ)、パラセーリングなどのアクティビティも楽しめます。
 
また、近くにはカフェもありますし、フルーツシェイクやお酒も買えるので、飲食しながら海を満喫するのも良いでしょう。
 
ちなみにマクタンニュータウンビーチは6:00〜19:00の間は飲食物の持ち込みもOKなので、このエリアで買わずにマクタンニュータウンのお店でテイクアウトしたもの(マクドナルドなど)を持ち込むのも良いと思います(ただしアルコールは持ち込み禁止)。
 
 

■穴場のフードコートもぜひ!

ビーチで泳いでお腹が空いたら、マクタンニュータウンのフードコート「Mactan Alfresco」でお食事するのがおすすめです。
 
まだ新しく施設も綺麗で、あまり人もいない穴場です。
 
10店舗前後入っているお店のほとんどはフィリピン料理店ですが、セブシティまで行かなくても、おいしいシーフードやレチョン(フィリピン伝統の子豚の丸焼き)などが食べられます。
 
ケバブ、メキシコ料理、フルーツジューススタンドなどもあり、みんなでいろいろ買ってシェアするのも良さそうです。
 
 

■セブシティから日帰りで行けるマクタンニュータウンビーチ

いかがですか?
 
セブシティからサクッと簡単に行けるマクタンニュータウンビーチ。
 
綺麗な海も美味しいレストランもすべて揃っているので、日帰りで海のアクティビティを楽しみたい時にはぜひ行ってみてくださいね!
 

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら