フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンのカジノ産業収益が過去最高を達成


年々飛躍的な伸びを見せているフィリピンのカジノ産業。
 
ゲーミング規制当局PAGCORの発表によれば、2019年7〜9月のカジノからの粗収益は553.4億ペソ(約1,178億円)となり、過去最高を記録したとのことです。
 
昨年の同時期からは20.8%伸びているほか、今年の第2四半期からは5.8%プラスとなりました。
 
 
今回の収益の大半は、
 
■ソレア・リゾート&カジノ
■オカダ・マニラ
■シティ・オブ・ドリームズ・マニラ
■リゾート・ワールド・マニラ
 
といった大型カジノリゾートからのものだということです。
 
フィリピンのゲーミング市場からの収益は421.9億ペソに上り、23.5%増加しています。
 
 
また、クラークのカジノ産業も成長しており、前年比55.8%増、前四半期比51.3%、収益33.1億ペソという数字を叩き出しています。
 
民間所有の公認カジノは、特にVIP収益が大幅に伸びており、124.3億ペソと50.4%の増加を記録しました。
 
 
そして、カジノで使われているゲーム機の収益も同様に21.2%増加して、142.8億ペソに達しました。
 
PAGCORによれば、現在全国に合計2,378台のテーブル、21,173台のスロットマシンがあるということです。
 
 
フィリピンにおけるカジノ産業は、純粋に国の収益となっているだけでなく、雇用創出も促進されるなど、さまざまな面でフィリピン経済を支えています。
 
今後もフィリピンが発展するにあたって、なくてはならないものとなるでしょう。
 
 

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら