フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

ローソンがフィリピンで500店舗を目指す


セブンイレブンやファミリーマート、ミニストップなど、日本でもお馴染みのコンビニがフィリピンにも多数ありますが、ローソンもまた店舗数を増やす計画だそうです。

 

フィリピンのローソンは、2015年3月にマニラに1号店がオープンしました。

日本の株式会社ローソンと、フィリピンのピュアゴールド・プライスクラブという小売大手が提携した合併会社「PG Lawson, Company, Inc」が運営しています。

 

今回、フィリピンの財閥企業アヤラ・コーポレーションが運営する物流企業ACインフラストラクチャー・ホールディングスと業務提携し、現在55ある店舗を2023年までに500店舗に拡大していくとのこと。

ローソンは自社のコンビニ運営ノウハウを活かしつつ、ACインフラストラクチャーの物流技術を取り入れていくほか、アヤラグループが手がけるインターネット通販でも協業していくことを検討しているそうです。

 

ローソンは、フィリピンでは今のところ最も店舗数が少ないコンビニです。

最も多いのはセブンイレブン、次いでミニストップ、ファミリーマートで、ローソンは見かける頻度も少ない印象です。

今後500店舗に達すれば、2位のミニストップと並びます。
(その頃にはミニストップももっと増えているかもしれませんが)

フィリピンのコンビニの商品は日本とは違うものも多いので、見かけたらぜひ立ち寄ってみましょう。

お弁当などはあまり期待できず商品数も少ないですが、ウベソフトクリームやスムージーなど、デザート系が充実していて楽しいです。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら