フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンの不動産タイプと購入時の注意点


経済成長が順調に推移しているフィリピンでは、住宅の需要が年々高まっています。

日本人の間でも、ゆくゆくはセブなどのリゾートに移住したい人や、資産運用でフィリピン不動産を利用したい人が増えてきています。

ただ、一言でフィリピン不動産といってもさまざまなタイプがあり、日本人の居住や資産運用に向いているものもあれば、そうでないものもあります。

今回は、フィリピン不動産のいろいろなタイプや、日本人が購入・投資する際に気をつけたいこと、日本の不動産との違いなどについて見ていきたいと思います。

 

 

<フィリピン不動産の種類>

フィリピンの住居には、主に以下のようなタイプが存在しています。

■コンドミニアム

■タウンハウス

■ビレッジ(サブディビジョン)

■アパート

 

■コンドミニアム

コンドミニアムは、日本で言うところのマンションです。

フィリピンの住宅の中では高級なものに属し、日本人の投資家のほとんどは、コンドミニアムの購入を検討することになります。

日本のマンションとの違いは、まず家具付きの物件が多いということ、そして、プールやジムなどホテルさながらの設備があることや、24時間セキュリティが完備されている点などです。

家具については、全ての家具家電が揃ったFully Furnishedというタイプもあれば、いくつかの家具だけが付いているSemi Furnished、そして家具なしのUnfurnishedがあります。

家具付きが人気ですが、自分で部屋をコーディネートしたい人は家具なしを選ぶこともできます。

部屋の間取りは、フィリピンではいわゆるワンルームもしくは1Kを「Studio type」、1DKまたは1LDKを「1 Bedroom」、そして2DKまたは2LDKを「2 Bedroom」と呼びます。

さらに部屋が多い3Bedroomもあるので、家族で住みたい人もコンドミニアムで十分です。

 

■タウンハウス

タウンハウスは基本的には一軒家ですが、集合住宅になっています。

大体は2〜3階建てで、同じ形の家がいくつか連なって建てられているのが一般的。

日本で言うところの、メゾネットタイプに近いかと思います。

フィリピンの富裕層は、コンドミニアムのほか、タウンハウスに住みたがる人たちが多いようです。

間取りは3Bedroom〜4Bedroomが人気ですが、中には5〜6Bedroomという大きなタウンハウスもあります。

フィリピンは大家族が多いので、こういった部屋のたくさんある家は需要があるんですね。

バス、トイレは2つ以上あるタウンハウスが多く、メイド部屋もあります。

駐車場も、ほとんどの物件に備えられています。

 

■ビレッジ(サブディビジョン)

フィリピンには、「ビレッジ」もしくは「サブディビジョン」と呼ばれる高級住宅街がいくつか存在します。

ビレッジは、広大な敷地にたくさんの家だけでなく、専用の道路、キッズプレイグラウンド、バスケットボールコート、プールなどが備えられており、周りは高い塀で囲まれています。

また、ガードマンが常に門の前にいるので安全です。

マニラ近郊では「アヤラ・アラバン」という超高級ビレッジが有名です。

面積は1,000ヘクタールを超え、中には超豪邸が並んでいるだけでなく、スーパーマーケットやスタバ、サッカーコート、体育館、教会、さらには大学やゴルフ場まであります。

安全なビレッジを出ることなく、生活できてしまうというわけなんですね。

アヤラ・アラバン内の豪邸は、月々の家賃も10万ペソ(約22万円)くらいからとなっており、日本人にとってもかなり高額な、正真正銘の超高級住宅街です。

”フィリピンのビバリーヒルズ”などとも呼ばれています。

 

■アパート

フィリピンのアパートは一般的に、「ボーディングハウス」と呼ばれています。

コンドミニアムやタウンハウスとはうって変わって、格安である代わりに、トイレやシャワーは共用という、いわゆる低所得者や学生向けの住宅です。

もちろんプールやジムもないですし、セキュリティガードもいません。

それよりも、ちゃんと鍵が閉まるか?水道から水が出るか?などの基礎的な部分すらあやしいレベルです。

安全面を考えても、日本人をはじめ外国人にはあまり向かない物件タイプと言えます。

 

 

<日本人が購入するのはコンドミニアム>

フィリピンには主に上記のような住宅タイプが存在しますが、日本人が購入するのはほとんどがコンドミニアムになります。

その理由は、フィリピンでは外国人が土地を買うことが出来ないためです。

一軒家の購入を考えている人もいるかもしれませんが、フィリピン人の配偶者に所有させることは出来ても、残念ながら自分で持つことは出来ません。

コンドミニアムは、いわば分譲マンションのようなものですので、外国人でも物件を持つことができるのです。

ただ、コンドミニアムであってもフィリピンにはルールがあり、建物の4割までしか外国人が持つことは出来ません。

つまり、建物の6割はフィリピン人所有ということになります。

マニラやセブをはじめ、今フィリピンには新しいコンドミニアムが続々と建設されていますが、条件の良い物件は早い者勝ちです。

また、外国人でもタウンハウスを購入することは可能ですが、都市部に物件がないため、あまり一般的ではありません。

 

 

<フィリピンで人気なのはどんな物件?>

日本では物件を探す際、「南向き」を条件にする人が多いのではないでしょうか。

少しでも日当たりがよく、光が入る部屋を求めますよね。

しかし、これがフィリピンでは逆です。

1年中暑いため、少しでも日当たりが悪い北向きの部屋が人気なんです。

自分で住む場合はもちろん、購入後に貸して家賃収入を得ようと考えているなら、出来るだけ人気の涼しい部屋を選ぶようにすると良いでしょう。

また、風通しの良さやエアコンの設置場所なども重要なポイントになります。

 

 

<フィリピン不動産購入を考えているなら>

フィリピン不動産の物件タイプや日本の不動産との違いなどをご紹介しました。

価格は日本の4分の1とも言われているフィリピン不動産ですが、法律やルールの違いがいろいろありますので、購入を検討されている方は、まず現地事情に詳しいプロに相談するのが一番です。

BTWINでは、フィリピンの優良な不動産をご紹介しているだけでなく、あなたのニーズや目的に合った物件購入や投資・資産運用のプランもご案内しています。

外国で不動産を買うというのは、思った以上に複雑で簡単にはいきません。

社会格差の大きなフィリピンでは、投資には向かない治安の不安定なエリアも多くなっています。

フィリピン現地の地理や習慣などにも詳しい専門のスタッフと一緒に、計画を立ててみませんか。

気に入ったコンドミニアムに、実際に宿泊できる視察ツアーや、フィリピンで事業を始めたい方のサポート、ビザ申請のお手伝いなども行なっています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

https://btwin-realty.com

 


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら