フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

9月〜10月のセブ留学ってどうなの?


フィリピン、セブ留学に行ってみたいと思いつつ、一体いつ行けば良いのか?ベストな時期はいつなのか?

距離が近いとはいえ気候も風土も違う国なので、時期の選定は意外と難しいものです。

やっぱり人気なのは夏休みや春休みなどの長期休暇ですが、値段が高いとか、生徒数が多すぎるとか、ネガティブな面も結構あります。

そこでオススメしたいのが、秋のフィリピン留学です。

秋といっても、日本では9〜10月に当たりますが、フィリピンには四季はないので「秋」は存在しません。

9月、10月のセブ留学はどんな感じなのか?

年内にフィリピン留学を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

<9月〜10月のセブの気候>

9月はセブでは雨季にあたり、10月になると少しおさまってきます。

ただ、雨季といっても日本の梅雨のように毎日シトシト雨が降り続けるというわけではなく、1日のうちに何度かスコールが降ります。

晴れ間が出ることもあり、観光も可能です。

フィリピン全体としては台風が来るシーズンでもありますが、セブはほぼ直撃することはありません。

ただ、行き帰りの飛行機が飛ばないことがあるので、そこだけ注意です。

9月も10月も気温は25度〜30度と高いので、服装はTシャツに短パンでOK。

スコールはいつ降り出すか分かりませんので、折り畳み傘を持ち歩くことをオススメします。

折り畳み傘は現地でも変えますが、日本で買っていった方が品質は良いです。

また、外は暑いですが屋内はエアコンが寒いくらいに効いていますので、パーカーやカーディガンなどの羽織るものも必ず持ってきましょう。

湿気の多い日は蚊も増えるので、外でも肌を守るために重宝します。

 

<航空券の値段>

8月の夏休みが終わると、9月からは航空券の価格は下がります。

航空会社にもよりますが、往復でだいたい4〜5万円くらいと考えておけば良いでしょう。

ちなみに語学学校は月曜からスタートすることが多いため、日曜に到着しておくのが一般的です。

また、帰国時は土曜日にセブを出るパターンが多いです。

とにかく留学費用を抑えたい!という方は、まず航空券の節約から考えて、9月〜10月は良い選択肢と言えるでしょう。

 

<語学学校の生徒数>

語学学校の生徒数も、夏休みに比べれば減ってきます。

高校生や大学生ではなく社会人が増えてくるのも特徴です。

全体として、わいわいうるさい感じではなく落ち着いた留学生が多くなります。

10代の子ばっかりいるのはちょっとなぁ〜・・という社会人の方にも、9月10月はおすすめです。

 

<9月、10月のイベント>

9月10月は、セブでは特に大きなお祭りはありません。

しかし、9月からフィリピンはクリスマスシーズンに入ります。

え、9月なのにもうクリスマス?!と思いますよね。

そうなんです!

キリスト教徒が80%以上のフィリピンでは、クリスマスは何よりも大事なイベント。

9月から1月までという5ヶ月をかけて祝うのです。

もちろん12月が最も盛り上がりますが、9月から街中ではクリスマス準備を始めます。

なお、10月の第3週目には、セブではありませんが、ネグロス島のバコロドという場所で「マスカラ・フェスティバル」という大きなお祭りが開催されます。

世界各国から観光客が集まる、ド派手な衣装のラテン・ストリートダンス・フェスティバルです。

セブからでも国内線で安く(3,000円前後)バコロドまで行けるので、スケジュールが許す方はぜひ遊びに行ってみてください。

 

<9月10月のセブは安く、マジメに留学したい方向け!>

いかがですか?

9月、10月のセブは観光にはベストシーズンとは言えませんが、費用を抑えて留学したい方や、遊びではなく勉強にフォーカスしたい!という方にはぴったりの時期です。

これからでもまだ語学学校の手配や航空券の購入は間に合うので、迷っている方はぜひリサーチしてみてくださいね!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら