フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンATMの使い方、手数料、注意点など


フィリピンはクレジットカードが使える場所が少なく、どこへ行っても現金払いを求められることが多いです。

そのため、ATMから現金を引き出すという作業は、必ず必要になってくるでしょう。

海外のATMなんて使ったことないから不安・・という方も多いかもしれませんが、やってみると案外簡単です。

今回は、フィリピンでのATMの使い方と手数料などについてご紹介します。

 

 

<フィリピンのATMで使えるカード>

日本のキャッシュカードがそのままフィリピンのATMで使えるかというと、全部ではありません。

フィリピンのATMで使えるのは以下のカードです。

■クレジットカード

■国際キャッシュカード

■デビットカード

デビットカードと国際キャッシュカードの場合は、「PLUS」もしくは「Cirrus」のマークが入っているものが使えます。

裏に表記があるはずなので確認してみてください。

クレジットカードは、VISAもしくがMASTERのものであれば使えます。

ただし、PLUSやCirrusのATMと、VISAやMASTERのATMは違いますので、ATMに付いているマークも確認が必要です。

これらのマークを確認して、対応しているATMを利用しましょう。

なお、国際キャッシュカードやデビットカードは以下の大手銀行で発行しています。

クレジットカードのように審査もありませんし、1枚持っていると非常に便利なので、ぜひ作っておきましょう。

■三菱UFJ銀行

■三井住友銀行

■住信SBIネット銀行

■セブン銀行

■りそな銀行

■ジャパンネット銀行

■スルガ銀行

■みずほ銀行

■ソニー銀行

 

 

<フィリピンのATMの使い方>

フィリピンのATMも、基本的には日本のATMと同じです。

ここでは、普通に現金を引き出す方法をご紹介します。

日本語での表示は出来ないので一瞬戸惑うかもしれませんが、難しいことは何もありません。

1. まずはカードを挿入します。

2. 言語を選択する画面になるので、Englishを選びます(タガログ語が良い人はTagalogを)。

3. Withdraw(引き出し)を選びます。

4. 取引口座を選択する画面になるので、国際キャッシュカードやデビットカードの場合は「Saving」、クレジットカードの場合は「Credit」を選びます。

5. 暗証番号(日本で使っているものと同じ)を入力します。

6. 引き出したい金額を、小数点第2位まで入力します。もし間違えたら「CLEAR」を押すとやり直しできます。

7. 最後に「FEE」(手数料)の確認があるので、「YES」を押します。

8. 現金とカードとレシートが出てきて終了。カードの取り忘れに注意!

 

 

<手数料はいくらなのか?>

フィリピンのATMで現金を引き出すと手数料が毎回かかりますが、その金額はカード会社や銀行によって異なります。

お持ちのキャッシュカードの銀行やカード会社のサイトなどであらかじめ確認しておきましょう。

また、フィリピンのATMでは引き出し手数料のほかに、「アクセスフィー」というものがかかり、これが200ペソほどです。

日本円にして450〜500円ほどなので、まあまあ高いですね。

ですので、現金を引き出す回数はできるだけ少なく済ませた方がお得です。

 

 

<引き出しの上限額について>

フィリピンのATMでは、1回あたり10,000ペソ(約24,000円)の引き出しが上限となっています。

ただし、1日に何度でも引き出しは可能です(手数料はその都度かかります)。

日本人からすれば24,000円ってちょっと少なすぎるんじゃ・・と思うかもしれませんが、これはフィリピンでは平均的な月収に相当しますので、かなりの大金です。

 

 

<カードが戻ってこないトラブルがある?!>

これは、フィリピンならではなのですが、稀にATMからカードが戻ってこないという不具合が起こることがあります。

時間がかかっているだけでしばらくすると戻ってくることもありますが、いくら待っても戻ってこない場合は、そのATMから離れず、ATMに書いてある問い合わせ先に連絡しましょう。

また、このようなトラブルが発生した時は、あとで照合するのに必要になる可能性があるので、レシートを必ずとっておいてください。

 

 

<フィリピンでのATM利用時の注意点>

フィリピンは貧富の差が大きくスリや強盗などの犯罪率も高いため、ATM利用時には周りにあやしい人がいないか注意しましょう。

上述したように、10,000ペソはフィリピン人の1ヶ月分の給料です。

現金を引き出したタイミングで誰かが声をかけてきて、ちょっとよそ見している隙に誰かがその現金をパッと奪って逃げる、なんていうトラブルも起きています。

もし可能なら、信用できる友人などが近くにいる状態で操作をした方が良いでしょう。

また、できるだけ暗くて狭い道ではなく、明るくて開けた場所にあるATMを選んでください。

 

 

<まずはカードを作ってみよう!>

フィリピンでのATMの使い方、手数料、注意点などをご紹介しました。

これからフィリピンに行く予定の方は、まずお得な手数料のカード会社や銀行をリサーチしてみてはいかがでしょうか?

ATMを上手に利用して、便利で快適な旅にしてくださいね!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら