なぜフィリピン人は太っているのか?


フィリピン人って、実は結構太っている人が多いです。

街を歩いていると、風船みたいにパンパンな人も見かけます。

痩せているように見えても、お腹周りは脂肪たっぷりって人もすごく多い。

もしかして、フィリピンに住むと自分もああなっちゃうのかな?なんて心配になっちゃう人もいるかもしれません。

なぜフィリピン人は太っているのでしょうか?

 

<揚げ物大好きフィリピン人>

人が太る最大の要因は食生活にあると思いますが、フィリピン人はとにかく揚げ物が好きです。

道端の屋台ではバナナ・キュー(揚げバナナ)が人気だし、コンビニではフライドチキンを必ず買うし、日本食でもとんかつや天ぷらはみんな大好き。

太るのも頷けます。

 

<ご飯もりもり>

しかし、揚げ物以上に驚くのが彼らのご飯の消費量です。

炭水化物が最も太る、というのは聞いたことがあると思いますが、フィリピン人はその炭水化物であるご飯を、尋常じゃないほど食べます。

日本も米が主食の文化ですが、フィリピン人とは競えません。

びっくりするのは、ほんのちょっとのおかずで大量の白飯を食べるところです。

小さなフライドチキンのかけらが1つあれば、どんぶり1杯くらいのご飯を簡単にたいらげます。

これはおそらく、長年貧困に苦しんできているフィリピン人が、少ないおかずでもお腹をいっぱいにするためにそうしてきたことが背景にあるのでしょう。

フィリピン料理レストランに行けば、ほとんどの場所で「ライス食べ放題」のサービスがあります。

ちなみにフィリピンで食べられているお米は日本のものとは違い、パサパサしていて水分が少なく、はっきり言ってあまり美味しくないです。

ただ、慣れれば美味しく感じてくることもあるんですが・・。

 

<なんでも甘い>

砂糖もまた、太る食品の代表だと思いますが、フィリピンではスイーツはもちろんのこと、料理にもかなりの量の砂糖を使っています。

それが特に顕著にわかるのが、フィリピンの代表ファストフード「ジョリビー」。

大人気の「スパゲティ」は甘〜い味のケチャップで味付けされており、初めて食べるとびっくりします。

その他、肉や魚に使われるディップソースなども、たいていすごく甘い味付けです。

甘いのが苦手な人にはちょっと厳しいと思います。

またもちろん、デザート類も激甘です。

カフェに入ってケーキを頼めば、想像以上の甘さのものが出てきます。

そして、市販のコーヒーにも砂糖がたっぷり入っており、ブラックで飲む習慣が彼らにはあまりないようです。

ジュースやコーラも大好きで、甘いものを食べながら甘いものを飲むという肥満まっしぐらの組み合わせをよくやっています。

コンビニで甘くない飲み物を買おうと思ったら、水くらいしかありません。

 

<運動しない>

フィリピンは日本のように徒歩や自転車で通勤する人はほとんどいません。

みんな車かジープニーという乗合バスを使います。

フィリピンは暑くて炎天下の中歩くのは辛いというのはよくわかるのですが、結果的にほとんど運動をしない生活になってしまうのです。

中にはジムに通って鍛えているフィリピン人もいますが、それができるのは一部の中流〜上流階級の人だけ。

お金がない貧困層はジムになんて通えないですし、健康に気を使っている余裕なんてないのです。

そのため、貧しい人ほど太っているという傾向もあります。

 

<体育の授業が不足している>

フィリピンでは英語教育が発達していますが、その一方で体育の授業が極端に少ないことが問題視されています。

気温が高く運動がしづらい環境であるため、授業に体育があまり組み込まれないのだそうです。

あったとしても、その内容は日本の小学校に比べれば稚拙で、激しく体を動かすような内容ではないそう。

そのため、育ち盛りで運動すべき年齢の子供達も、十分に体を動かす機会がなく、運動の習慣が生まれません。

結果的に、子供の頃から肥満気味で、そのまま大人になっても痩せられないパターンが多いようです。

 

<野菜を食べない>

マニラやセブでは、気候的な事情から、新鮮な野菜が手に入りにくい状況となっています。

そのため、どうしても野菜不足になりがちで、肉ばかり食べてしまいます。

これも、彼らが太っている原因の1つでしょう。

最近は「SALAD STOP!」というサラダ専門店が出来たりして、新鮮な野菜が食べられる機会は増えているようですが、やはり普通のフィリピン人にとっては手が出る値段ではありません。

さらに、フィリピンでは昔から、肉を食べる=お金持ち、野菜を食べる=貧乏というイメージを持っている人が多いようです。

昔は、肉の方が高級品でなかなか食べられなかったためでしょう。

そのため、野菜中心の生活は貧乏の象徴と考え、肉を食べることで見栄を張るといった面もあるそうなのです。

なお、日本人留学生などでもフィリピンでは野菜不足に悩むことが多々あります。

マニラやセブではなく、バギオなどの涼しい地方では新鮮な野菜がたくさん採れるので、気になる方はそちらを検討してみても良いかも。

 

<”メリエンダ”という習慣>

フィリピンには「メリエンダ」という習慣があります。

スペイン統治時代に持ち込まれた文化で、「Meryenda=間食」を意味します。

これは、1日3食のほかに、午後に2回おやつを食べるというものです。

ただ、おやつといっても、蒸しパンやもち米のお菓子、パンケーキ、団子、揚げバナナ、バナナ春巻きのような甘いものから、ヌードルや焼きそばなど、「これはもう食事レベルでしょ!」というヘビーなものも多い。

つまり、実質食事を1日5回しているようなものなのです。

日本人も午後にちょっとお菓子をつまんだりすることはあるかと思いますが、量が半端なく多いんですね。

もちろん、それは晩ご飯に響くことはなく、晩ご飯もしっかり食べます。

とにかく彼らは食欲旺盛なんです。

ちなみにメリエンダには明確な時間はなく、午前と午後合わせて最高で8回ほど食事をとる人なんかもいるようです。

もう1日のほとんどを食べて過ごしているようなものですね。

 

<ぽっちゃりはモテる?>

余談ですが、フィリピンでは”ちょっとぽっちゃり”くらいの女子がモテるようです。

ガリガリに痩せているよりも、ちょっとくらい太い方がセクシーに見えるからなのかもしれません。

太い=モテないというのは、案外日本人だけが考えていることで、海外では意外と太い子が人気だったりしますよ。

また、日本人はとにかく痩せていることが美、みたいに考えている人が多いせいで、痩せすぎが多い。

ですので、ちょっと太ってるかも・・と思っているくらいが、海外では標準だったりします。

ちなみに男子も、ガリガリよりはゴリマッチョ系がモテるようです。

ただし筋肉のない単なる肥満はNG。

 

<美容健康ブームも来る?>

そんな、肥満がちょっと多めのフィリピンですが、今後は健康ブームが来るかもしれません。

経済が発展し、人々が金銭的に豊かになれば、必ず美容にお金を使いたいと思うようになります。

その証拠に、ジムやヨガも流行ってきていますし、上述したサラダ専門店なんかも出来てきています。

綺麗に整備された公園では、ジョギングする人も見かけます。

ただでさえ彫りが深くて美しい人の多いフィリピンですから、今後体型に気を使う人が増えれば、ますます美人だらけの国になるでしょうね。

 

<フィリピン滞在では栄養バランスに気をつけて!>

とにかく私たち日本人は、フィリピンに滞在する際は、食事の栄養バランスに気をつけた方が良いでしょう。

ほとんどの人が太って帰ってきています。

野菜が不足すれば体にも悪いですしね。

サプリメントを使う、海で泳ぐなど、上手に生活して健康を維持してください。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら