フィリピン、セブの歯医者ってどうなの?


海外に長期で滞在するときや留学する際によく言われるのが「歯医者は保険の対象外」ということ。

海外旅行保険でカバーできるのは風邪や感染症などの病気、骨折などの怪我であって、歯の治療は日本で済ませて行く必要があります。

最近では緊急時のみ歯医者も利用できる保険も増えてきていますが、それでも通院しなければならないような継続的な治療や、歯石を取るクリーニングやホワイトニングなどに関しては対象外です。

そのため、歯科関係で気になることがあれば、基本的には全て日本で治療を済ませてから渡航しなければなりません。

 

しかし、いくら治療してからフィリピンに渡ったとしても、フィリピンに着いたあとに虫歯になることだってあると思います。

環境や食べ物が変わって抵抗力が落ち、口腔内も病気にかかりやすいのです。

 

<保険は適用じゃないけど治療は受けられる>

じゃあ、もしフィリピン、セブ留学中に虫歯になって歯医者さんにどうしても行きたい場合はどうすればいいのでしょうか?

歯の治療のためのわざわざ日本へ一時帰国する人もいますが、はっきり言ってそんなの面倒ですよね。

時間もお金もかかります。

ですので、もしもフィリピンで歯医者にかかる必要が出てきたら、費用を全額負担して治療を受けるという選択肢があります。

本来なら3割しか負担しなくて良い医療費を全額負担するというと、ものすごく高いイメージがあるかもしれませんが、フィリピンでは実は病院代もそんなに高くありません。

 

<フィリピンで歯のクリーニングをした場合>

日本の歯医者で歯石を取るなどのクリーニングを行った場合、1回2,000〜3,000円程度ですよね。

これがフィリピンの歯医者の場合、綺麗な最新機器を揃えた施設で治療を受けて、保険適用なしの場合でも1回の治療費が500〜10,000ペソ(約1,000円〜2,000円)程度です。

日本の歯医者で保険が適用された場合と同じか、むしろそれより安いですよね。

 

<フィリピンで虫歯の治療をした場合>

フィリピンの歯科医では、クリーニングでも虫歯の治療でも、1回あたりの医療費はそこまで変わりません。

しかし、日本の歯医者と違って1回で出来るだけすべての治療が終わるようにしてくれます。

何度も何度もアポイントをとって通院し、毎回数千円払う必要がないのです。

ですので、結果的に支払う医療費も日本よりはるかに抑えられます。

 

<セブの歯医者って大丈夫なの?>

保険が適用されず費用を全額払っても、フィリピンではそれほど医療費が負担にならないことはよくわかったかと思います。

だけど、そもそもフィリピンの歯医者って大丈夫なの?発展途上国で歯の治療ってなんか怖くない?って思う方もいるでしょう。

実際、フィリピンの歯医者のクオリティは、かなり幅があります。

正直、自宅をちょっと改造しただけのローカルな歯医者はあまり腕も信用できません。

麻酔もろくにせずに無理やり歯を抜かれた、といったような悪夢のような話もあるようです・・。

しかし一方で、日本の歯医者とほとんど変わらない最新機器を揃えた最先端医療の受けられる歯医者も存在します。

大型ショッピングモールの中に入っている歯医者などはそうです。

また最近では、日本語の話せる先生が常駐している歯医者もセブにはあるんです。

 

<セブにある日本語が通じる歯医者さん>

「Cebu Docor Dental Clinic(ドコール・デンタル・クリニック)」はフィリピン人の夫婦が経営しているクリニックで、奥さんが日本に留学していた経験があり、日本語が流暢に話せます。

英語がある程度できる人でも、病院で自分の症状を話すのは簡単ではありませんよね。

ですので、日本語が通じる先生がいれば心強いはずです。

医師の説明がちゃんと理解できるのも安心できます。

岡山大学で博士号を取得したという先生は、日本語が流暢なだけでなくその腕も確かで、言わずもがな、日本人留学生の間では有名な歯科医です。

また、フィリピンなのに時間通りに診察が始まる!という感動の声も聞かれます。

先生もスタッフもみんな親切で優しいと評判で、リピーターも多いです。

場所は、セブシティのSMモールからタクシーで10〜15分ほどのところにある「ミラー病院」という大きな病院内となっています。

安心して行けるセブの歯医者さんとして愛されているので、何かあれば「ドコール・デンタル・クリニック」さんにお世話になりましょう!

予約はメールで出来ますし、日曜日でも予約すれば診てくれます。

留学中は平日は学校で忙しいので、日曜に行けるのは助かりますね!

 

<美容歯科治療は日本より安くてお得?>

歯のクリーニングや治療はセブでも気軽に出来ることは分かったとして、実は美容歯科治療もリーズナブルにできちゃうってご存知でしょうか?

海外でプチ整形をすると安いのと似たような感じで、フィリピンでホワイトニングやインプラントなどの美容治療をした場合も、日本よりはるかに安いんです。

たとえばホワイトニングの場合、日本だと5万円くらいかかります。

しかしこれがフィリピンではなんと1,500ペソ(約4,000円)程度!

インプラントは日本だと15万円くらいのところ、フィリピンだと4,000ペソ(約1万円)くらいです。

日本ではお金をかけて歯を白くしようとするのはちょっとした贅沢に感じますが、4,000円なら気軽に明日にでもやっちゃおうかな?という気持ちになりますよね。

また近年はフィリピンにも富裕層が増え、美容歯科治療を受ける人たちも増加しているため、技術面に関しても安定してきているそうです。

 

<矯正したい人はフィリピンでやれば早くて安い?!>

そして、日本では非常に高額で、だけどやりたい人が多い「歯列矯正」。

日本だと最低でも50万円〜100万円くらいかかっちゃうんです。

いくら歯並びを治したくても、そうそう簡単に決断できるものじゃありませんよね。

それがなんとフィリピンでは・・・15万円!!

歯並びにコンプレックスを持っている方にとっては、かなりの朗報ですよね。

しかも、フィリピンの歯列矯正は日本のように何年もかからず、短期間で終わるのだそう。

その理由は至極単純で、早く矯正されるように強く締め付けるのだそうです・・(笑)

日本だと、じわじわと数年かけて患者の痛みを出来るだけ少なくしようとしますが、フィリピンでは最初からガッチリと矯正し、短期間強い痛みに耐える、という方法なんですね。

どっちが良いかは個人の好みかと思いますが・・・とにかく安い!早い!がフィリピンの歯列矯正です(笑)

通院のペースも、日本だと月に1、2回通って微調整をしますが、フィリピンでは10週間に1回程度。

そんなに放置して大丈夫なの?と感じてしまいますが、それがフィリピンの矯正スタイルのようです。

当然、食べ物を食べる際にも相当な痛みや負担があるため、食欲も自然と減退し、痩せる人も多いのだとか。

歯並びもよくなってダイエットも出来るなんてちょっとお得かもしれませんね?!

ちなみにフィリピンでは、矯正器具を付けている=お金持ち という認識があるようで、矯正中は羨ましがられることもあるそう。

日本ではあまり見られたくないというか、恥ずかしいような気もするので、そこは面白い文化の違いですよね。

矯正が終わっても、カッコイイので器具をつけっぱなしにするフィリピン人までいるそうです(笑)

 

<留学中でもセブなら安心して歯医者に行ける!>

いかがですか?

セブ留学では、「留学中は歯医者に行けない」という常識が覆っています。

留学中であっても、保険がきかなくても、ちゃんとした歯の治療はできるんですね。

日本語の通じる名医までいるなんて、ホント安心です。

もちろん、日本で治療してから来るに越したことはないですが、セブに来るにあたってはそこまで歯の心配をする必要はないと思います。

しかも、ホワイトニングなどの美容歯科治療や矯正などは、実は日本より安くできちゃうんです。

英語を学ぶついでに歯を白くするなんていうのも、ありかもしれません!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら