フィリピンの入国手続き

海外に行くときは必ず入国手続きが必要になりますが、国によってちょっと違ったりするので、毎回戸惑ってしまいませんか?

フィリピンに関しても、フィリピン独自のルールもあるのであらかじめ知っておいたほうが良いでしょう。

 

<飛行機の中で準備しておきたいもの>

■パスポート

まず、何よりも大事なのはパスポート!

これがないと日本から出られませんから、さすがに大丈夫ですよね。

フィリピンに入国するには有効期限が滞在期間+6ヶ月以上残っている必要がありますので、必ず事前に確認してください。

特に、パスポートをずっと前に取ったという方は今一度チェックを。

パスポートは身分証明にもなり、海外では最も重要なアイテムになるので、肌身離さず持っていてください。

スーツケースではなく手荷物に入れてくださいね!

信じられないかもしれませんが、稀にスーツケースに入れて預けてしまい、荷物だけ海外へ行っちゃった!なんて例もあります。

機内持ち込み手荷物に入れ、フィリピンにもうすぐ着く頃になったら出しやすい場所に準備しておきましょう。

■入国カード

海外旅行経験者は書いたことがあるでしょう。

飛行機の中で客室乗務員が配っている縦長のあのカードです。

フィリピンでも記入が必要なので、持ち込み手荷物にあらかじめペンを用意しておきましょう。

面倒ですがすべて英語(ローマ字)で記入しなければならず、案外書くのに時間がかかるので、飛行機の中で書き終わっておくことをお勧めします。

空港に着いてからだと混雑もありますし、書く場所もなかったりしますし、入国手続きがどんどん遅くなってしまいます。

また、ツアーコンダクターや留学エージェントのスタッフが待機している場合は待たせてしまうことにもなるので、配られたらすぐ書いちゃうのが良いと思います。

■帰りの航空券

フィリピンでは入国時に、日本行きの往路チケットもしくは他の国へ渡るチケットを見せる必要があります。

「ビザが終了するまでにちゃんとフィリピンを出ますよ」という証明ですね。

これがなければ、フィリピンに入国することはできません。

他の国では帰る日を決めずに入国できるところもありますが、フィリピンでは必須です。

ネットチケットの場合はプリントアウトして持っていくと良いでしょう。

■税関申告書

持ち込んではいけないものを持っていないことを申告するものです。

フィリピンでは、以下のものの持ち込みに制限があります。

• 10,000ドル相当以上の外貨は申告が必要

• 10,000ペソ以上の現地通貨は許可が必要

• 葉巻タバコは400本 or 葉巻50本 or 刻みタバコ250グラムまで(18歳以上)

• 銃器、弾薬、麻薬、薬物、貴金属、ギャンブル品、わいせつ物、レプリカ品などは持ち込み禁止

まず該当することはほぼないとは思いますが、稀に現金をたくさん持ってくる人がいます。

上記のように金額が大きい場合は申告が必要なので注意してください。
(というか、フィリピンにそんな多額の現金を持ち込むのはあまり安全ではないですが・・。)

■健康チェックカード

直近で病気にかかっていないことを申告するためのカードです。

発熱や頭痛、喉の痛み、下痢などがないことを申告します。

エボラ出血熱の影響で検疫体制が強化され、提出することになりました。

ただ、実施している航空会社と実施していない航空会社があるそうです。

 

<マニラ空港に到着したら・・・>

いよいよフィリピンに着いたら、以下のような流れで入国審査が始まります。

• 健康チェックカードの提出

•「Arrival」の表示がある方へ進む

• 入国審査場の「Visitor」に並ぶ

• 呼ばれたら、パスポート、入国カード、往路チケットを渡す(税関申告書はあとで)

この際、審査官から渡航の目的や滞在期間などを質問されることがあります。

答えは「Travel」や「Studying」など簡単なものでOKです。

また、期間は「1week」や「2weeks」などと答えることができると思います。

ここで審査が通ればパスポートにスタンプが押され、晴れて入国できます。

これで30日間まではフィリピンにステイできます。

留学や旅行が目的で、1ヶ月以内の滞在であれば、審査が通らないなんてことはまずありません。

預けた荷物の受け取り

※海外では似たような見た目の荷物を持ってかれてしまったり、あるいは自分が他人の荷物を持って行こうとしたりする間違いが多々起こっています。
必ず自分のものかどうかを確認してください。

税関申告書の提出

 

ここまで来れば、もう入国は完了です!

旅行会社や留学エージェントのスタッフと待ち合わせしている場合は、約束の場所まで行きましょう。

お疲れ様でした!

 

<マニラ空港での注意点>

実はフィリピンのマニラ空港の治安の悪さは世界でも有名だったりします。

フィリピン国内には安全なエリアもたくさんありますが、空港はかなり危ない場所の1つなので、スリや窃盗などには十分に気をつけてください。

金銭やスマホはポケットに入れておかないこと。

それから、あやしいスタッフにいきなりお金をせびられるなんていう、日本では信じられないようなことがフィリピンの空港では起こります。

おかしなことを言われても、無視してくださいね。

そして、もしもエージェントを使わず自力でホテルなどに移動する場合、タクシーに乗ると思いますが、「タクシー?タクシー?」と強引に話しかけてくるおじさんがたのタクシーは乗らないでください。

通常の5倍もの料金を提示してくるぼったくりです。

タクシー乗り場がちゃんとあるので、面倒でもそっちに並んで真っ当なタクシーに乗ってください。

 

いかがですか?

フィリピンの入国手続き自体は特に難しいことはありません。

飛行機の中ですべての書類を書き込んでしまうのがポイントですよ。

海外が初めてという方は少し緊張してしまうかもしれませんが、落ち着いて、他の外国人に混ざって進んでいけば大丈夫です!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら