フィリピンの軽井沢、バギオの治安はどうなの?

フィリピンといえば治安の悪いイメージがとても強いと思います。

治安が心配で、なかなか旅行や留学に踏み出せない人もいるでしょう。

しかし実は、フィリピン全土がそこまで危ない国というわけではありません。

中には、非常に安全な地域もあります。

バギオもその1つです。

 

<バギオについて>

バギオは、フィリピン北部のルソン島にある都市です。

世界遺産「コルディリェーラの棚田群」があることでも有名です。

標高約1,500メートルと高地にあることから年中涼しく、フィリピン人にとっても避暑地で、”フィリピンの軽井沢”とも呼ばれています。

毎年3〜5月にかけてはフィリピン政府機関がバギオに移転するため、「サマーキャピタル」という異名も持ちます。

フィリピン大統領の別荘もバギオにあります。

年間平均気温は26度を超えることはなく、エアコンは不要です。

涼しいのでマニラなどと比べて虫が少ないのも嬉しいところ。

時間帯によっては肌寒く感じられることもあるので、バギオに来る際は必ず長袖と羽織るものを持参しましょう。

バギオへのアクセスは、首都マニラからバスで6時間ほど。

 

<バギオの治安>

気になるバギオの治安ですが、この街はフィリピンの中でも相当安全です。

もちろん世界のどこを探しても日本より安全なところはありませんが、マニラやセブなどと比べれば犯罪率は20分の1以下とも言われており、治安はかなり良いと言えます。

フィリピンの一般的な物騒なイメージは持たなくて良いでしょう。

 

■安全で暮らしやすい

バギオは夜に一人で出歩いても大丈夫なほど安全です。

セブの歓楽街のように突然ホールドアップに遭ったなどという話は聞きません。

また、道路も綺麗に整備されており、歩きやすくクリーンな都市になっています。

 

■富裕層が多い

避暑地ということもあって、バギオに住んでいるのは富裕層が多いようです。

約100年前にアメリカ軍によって建設されたこの都市には、昔から軍の高官などが住んでいます。

そのため、犯罪率も非常に低く、実は昼間の安全度指数では日本よりも高いんです。

貧困層が住んでいないため、マニラではよく遭遇するストリートチルドレンもバギオでは見かけません。

 

■フィリピンのエリートたちが育成されている

バギオには、フィリピン大学バギオ校舎、セントルイス大学、バギオ大学、コーディリエラ大学など、フィリピンの中でも特にハイレベルな国立大学が複数存在し、アカデミックな雰囲気を持っています。

バギオに住む約32万人の人口のうち、約20万人はこれらの大学に通う学生たちです。

また、フィリピンの軍人を育てる士官学校もバギオにあります。

教養のある家庭で育ち、高等な教育を受ける富裕層が多く住んでいることで、高い治安レベルを保っているんですね。

もちろん、バギオ市民の英語レベルも高いです。

 

■日本と同じ感覚でも大丈夫?

では日本と同じ感覚で歩いてても大丈夫かというと、やはり外国であるということは意識しておくべきかと思います。

華美な服装な派手なアクセサリー、ブランド物のバッグなどを持ち歩いてフラフラするようなことは、避けた方が良いでしょう。

また、観光客を狙ったぼったくりもあります。

 

■タクシーのぼったくりは?

マニラやセブのように、乗るたびにぼったくられるようなことはまずありません。

基本的には大丈夫です。

それどころか、おつりを1ペソ単位でちゃんと返してくれます(フィリピンでは珍しいことです)。

ただ、観光スポットでのバス乗り場などで待ち伏せしているタクシーは怪しいことがあるので、あまり利用しない方が良いでしょう。

 

 

<バギオへ行く際に最も危険なのはマニラ空港!>

バギオへ行くには、マニラ空港を経由する必要があります。

この空港は、強盗や恐喝などが頻繁に起こっており、世界でも悪名高い非常に治安の悪い空港なんです。

他の客というよりも、空港職員が犯行に及んでいるので厄介です。

知らないうちに拳銃を荷物に入れられて賄賂を要求される被害がよく起こっていますので、荷物には入れるスキマを作らないようにしましょう。

フィリピンに着いてすぐなのでちょっと緊張しますが、ここではしっかり気を張って行動してください。

犯罪に巻き込まれないために、バギオまでは空港送迎バスを利用しましょう。

個人でタクシーを捕まえて行こうものなら、通常の2、3倍の料金を請求されることは間違いありません。

マニラ空港での注意点としては、ネックレスなどのアクセサリーは絶対に着けないこと、むやみに財布を見せない、荷物から絶対に目を話さないなどです。

 

 

<海外旅行や留学が初めての人にもおすすめ!>

いかがですか?

治安が心配で海外旅行や留学はちょっと・・・という方も、バギオなら安心して滞在できるのではないでしょうか。

バギオを何度も訪れた、あるいは長期間住んでいた日本人が口を揃えて、バギオは安全だと話しています。

しかも、安全なだけでなくバギオは物価も安いんです。

初めて海外へ行く方、留学デビューしてみたい方は、ぜひフィリピンのバギオを検討してみてくださいね!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら