フィリピン人との結婚は本当に幸せ?

フィリピンパブで知り合った若い女性と結婚し、彼女を追いかけてフィリピンに入国、そのまま日本へ帰国する資金もなくなり、泣く泣くフィリピンで「困窮邦人」になる中高年男性が数多くいることをご存知でしょうか。

フィリピンではこういった日本人男性が、10年以上前から何人もフィリピンの在外公館に助けを求めて駆け込んでいます。

2015年の統計では130人いたそうです。

タイなど他の東南アジアでも同様のことが起こっていますが、フィリピンの事例はダントツで多いとのこと。

めでたく結婚し、フィリピンで結婚生活を始めたのはいいものの、現地での収入は不十分。

日本から持ち込んだ貯金も底をつき、家族とも音信不通になり、頼る人が誰もいなくなり、最後には路上生活になってしまう人までいます。

国にはこういった邦人に帰国費用を貸し付ける「国援法」という法律が存在していますが、当然ながら全員に対処するだけの資金を税金から簡単に出すわけにはいきません。

当たり前かもしれませんが、国民は「女性を追いかけて勝手にフィリピンに渡ったのに、帰るお金がないから貸してくれだなんておかしい。自業自得だ。」と思うでしょう。

ましてや相手が何十歳も年下の若い女の子だったら尚更理解を得るのは難しいはずです。

 

もしかすると、今フィリピン人と交際していて結婚を考えているあなたにも起こり得ることかもしれません。

誰もが最初は上手くいくと思って結婚し、フィリピンへ渡る決心をするのです。

しかし、日本人であってもフィリピンで高給を稼ぐのは簡単ではありません。

フィリピン人妻のわずかな稼ぎに頼ることもできません。

 

これから何十年もフィリピンで暮らしていくつもりならば、しっかり蓄えを持つことと、いざという時はすぐに日本に帰れるくらいのお金は確保しておきましょう。

自分は大丈夫!と思っていても、現実に三畳一間の狭い長屋でフィリピン人妻と生活する見窄らしい日本人中高年男性が大勢いるのです。

また、再三言われていることですが、フィリピン人女性が最初から日本人の財産目的で結婚したがるケースはあとを絶ちませんし、もしそれでお金のトラブルになっても誰も助けてはくれません。

確かに若くて可愛いフィリピーナは魅力的かもしれませんが、それだけを追いかけて人生を棒に振る可能性もあることを、今一度認識しておくべきでしょう。

フィリピンでは一度結婚すると離婚できないことも忘れずに。

本当に幸せになれるのか?全ての責任を負えるのか?

結婚に踏み切る前に、考えてみてほしいと思います。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら