メトロマニラでの生活費はどのくらい?

将来的にフィリピンへの移住や長期滞在を考えている方は、フィリピンでの暮らしにどのくらいのお金がかかるのか気になるところだと思います。

現在急速に経済成長を遂げているフィリピンの家賃は、場所によっては日本と変わらないくらいのところや、日本よりも高い物件もざらにあります。

マカティやBGCなどでは10万円以上の物件も多く、東京に暮らすのと何ら変わりません。

 

では、生活費はどうでしょうか?

フィリピンには「物価が安い」というイメージがあると思いますが、実際食費や光熱費などはどのくらいなのか気になりますよね。

 

今回は、フィリピンのマニラ中心地に住んだ場合の生活費がどのくらいかをご紹介したいと思います。

 

■食事

一番気になるのは食事、食費ですよね。

海外で生活するだけでも環境が変わっているのに、不健康な食事をしていたら体を壊してしまいます。

フィリピンでは外食しても、露店なら最低100円程度から食べられますが、どうしても肉が中心で、野菜不足になりがち。

できれば自炊したいものです。

フィリピン人の主食はお米です。

日本のものとはちょっと違いますが、1kgあたり50ペソ(100円程度)から買えます。

10kg買っても1,000円と考えると、かなり安いですよね。

日本のお米を買う場合は、日本で買うより高くなります。

パスタも1kgあたり50ペソ程度で買えます。

そして、野菜や肉、魚などもスーパーで普通に手に入ります。

ただ、マニラやセブでは野菜はあまり新鮮でないことが多いです。

上手に自炊すれば、野菜もしっかり入って1食200円以内に抑えることも可能です。

ちなみに、どうしても美味しい日本食が食べたい!と思ったら、マカティに「リトル東京」という日本食レストラン街があります。

1食500〜600円程度で、日本定番の定食が食べられます。

 

■衣服

日本から服を持って行くこともできますが、フィリピンは服が安いので現地調達しても良いと思います。

Tシャツ1枚100ペソ(200円)程度から買えます。

正直、質はまったく良くはないですが・・使い捨てと思えば良いと思います。

また、もう少し質の良い服も、3,000ペソもあれば十分購入できます。

日本で売られている同等の服の半額くらいの感覚です。

日本と比較すれば、衣服にかかるお金も少なくて済むと言えます。

しかし、ユニクロやH&Mのような海外から入ってきているブランドに関しては、日本と同じかそれより高いです。

フィリピン人にとってユニクロは高級ブランドのようです。

 

■洗濯

フィリピンでは洗濯屋さんに頼むのが一般的。

1kgあたり28ペソ(56円)程度と格安で、乾燥までやってくれます。

しかも、洗濯物は家まで取りに来てくれますし、洗い終わったら届けてくれます。

 

■電気代

フィリピンで唯一高い!と感じるのは電気代です。

日本と何ら変わりません。

日本人からすれば同じような感覚ですが、フィリピン人にとって電気代は大変高いものです。

日給800円〜1,000円しか貰っていないのに、月3,000〜4,000も払うのは厳しいでしょう。

 

■水道代

水道代は日本より安く、月々100ペソ(200円)程度です。

フィリピンでは水でシャワーを浴びることもよくあるので、水道代が安いのは嬉しいですね!

 

最も発展しているマカティなどの大都市であっても、日本より安く生活できることは間違いありません。

家賃も、日本と同じであってもプールやジム、24時間セキュリティ付きのコンドミニアムに住めるわけですから、生活水準は随分高くなります。

また、ダバオやバギオなどの郊外や田舎の方へ行けば、さらに生活費は抑えられます。

フィリピンへの移住を考えている方は、どんなライフスタイルを好むのかも一緒に考えてみましょう。

都会にも田舎にもメリットがあります。

フィリピンのどのエリアが自分にはぴったりなのか?

まずは下調べして、視察に出かけてみましょう。

E-PLUSでは、不動産投資も含めてリアルなフィリピンの事情を肌で感じることのできる視察ツアーを提供しています。

ぜひ一度ご相談ください!

https://e-plus-japan.com

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら