フィリピンでの電化製品の使い方

海外旅行に慣れている方はご存知かと思いますが、国によってコンセントの電圧が違うため、外国で日本の電化製品を使うには、変圧器が必要な場合があります。

フィリピンの場合もそうで、日本とは違うので変圧器を持って行きましょう。

■日本の電圧:100ボルト、周波数は東日本50ヘルツ、西日本60ヘルツ

■フィリピンの電圧:220ボルト、周波数60ヘルツ

 

コンセントの形状については、国によっては穴が3つあったり、穴の形状が○だったりさまざまですが、フィリピンに関しては日本と同じです。

たまに3つ穴のものもありますが、2つのプラグも挿すこともできます。

 

しかし、コンセントの形状が同じであっても、電圧の違う電化製品のプラグを挿すのは危険です。

挿した瞬間に壊れてしまうこともあれば、しばらく使っているうちにおかしくなってくることもあります。

場合によっては煙が出てきて火災に繋がることもあるので、注意が必要です。

 

ノートパソコンなどは比較的どこの国でも使えるような電圧になっているものは、そのまま挿しても大丈夫ですが、必ず使用前に確認しましょう。

充電用のアダプターの表示を見れば確認できます。

例えば、「100V〜240V、50〜60Hz」などの表示があるものは、フィリピンの電圧と周波数の範囲なのでそのまま使用して問題ありません。

 

ゲーム機などの充電器は日本国内専用になっているものもあります。

その場合は電圧に関わらず海外では使えないので、海外にも対応しているものを購入するしかありません。

 

気をつけた方が良いのはドライヤーです。

ドライヤーの電圧は100V〜110Vであることが多いですが、それをフィリピンの220Vのコンセントに挿すと壊れてしまいます。

また、パソコンと違ってスマホの充電器もフィリピンの電圧では対応できないものがあるので必ず確認しましょう。

USBをパソコンに繋いで、パソコンを介して充電するのも1つの手です。

 

いずれにしても、変圧器は1つあると安心だと思います。

日本国内の家電量販店で簡単に手に入ります。

その際、フィリピンの電圧をカバーしたものを買うのも良いですし、ちょっと高いですが1台で世界どこでも使えるものも売っています。

フィリピン現地でも変圧器は購入できます。

家電量販店もしくは大型のショッピングモールに行けば「Ace Hardware」というお店があり、そこに多種類揃っています。

しかしながら、フィリピンで買うとフィリピン基準になっていることが多く、日本に持ち帰っても何も役に立たないこともありますので、日本で買って持っていくほうが安心かもしれません。

もし現地でしか使えないものを購入した場合は、滞在中の日本人に譲ってしまうのもありですね。

 

ドライヤーなどの絶対に変圧器が必要な電化製品に関しては、最初からユニバーサル仕様の製品を日本で購入することもできます。

電圧を切り替えるスイッチが付いているので、滞在する国によって電圧を変更して使います。

もちろん日本でも使えるものなので、海外旅行に頻繁に行く人は重宝しますね!

 

日本から持っていける荷物には制限もあるので、フィリピンで使う電化製品はフィリピンで買って、そのまま現地に置いてくるという方法もあります。

たとえばドライヤーなどは、そこまで品質にこだわらないのであれば、現地で安く買うことも可能です。

「Hanabishi」「Fujidenzo」「Kyowa」「Asahi」「Iwata」「Fukada」など、一瞬「日本製?!」と思ってしまうようなブランド名ばかりですが、フィリピンの家電ブランドもいろいろあります。

中にはフィリピン人でもこれらは日本製だと思っている人も多いのだとか・・・(笑)

そのへんは、さすがフィリピンといったところですね!

 

いかがですか?

あなたの滞在プランやライフスタイルに合わせて、フィリピンでも快適な家電ライフを送ってくださいね!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら