フィリピン留学でちゃんと英語は身につくの?

フィリピンへ留学する人たちがここ数年で急速に増えています。

以前はアメリカやオーストラリア、イギリスなどが主流の留学先でしたが、今やフィリピン留学は日本人にとってメジャーな選択肢の1つになりました。

海外で英語を身に付けたいと考えている人にとって、どこで勉強するか?というのは大きな決断になると思います。

そこで今回は、「英語留学を考えているけど本当にフィリピンで良いの?」という方や、「どこがメリットなの?逆にデメリットはないの?」という方のために、フィリピン留学の特徴についてお伝えします。

 

<フィリピン留学で英語はちゃんと身につくの?>

フィリピンと聞いて、そもそも英語というイメージを持たない日本人も多いかもしれません。

しかし実はフィリピンは英語人口が世界で第3位。

英語は立派な公用語なのです。

欧米との違いは、発音や若干の訛りなどです。

訛りについて気にする方は多いですが、実はどこの英語もその地域の訛りというのは存在します。

イギリスの田舎へ行けば、そこの訛りがあるのです。

ですので、「フィリピンだから訛っている」ということはありません。

フィリピンではフィリピンの英語がしっかり身につきます。

また、むしろフィリピンの英語は日本人には聞き取りやすいと言われています。

フィリピン人にとっても英語はあくまで第二言語です。

講師も、母国語ではない言語を習得した上で生徒に教えているので、学習者がどこでつまずくのかなども把握しています。

これは、アメリカやイギリスといった英語が母国語の国にはない特徴です。

 

<フィリピン英語ってどんな感じ?>

ではフィリピン英語とはどのようなものなのでしょうか?

フィリピンは過去にアメリカに統治されていた時代がありました。

そのため、フィリピン英語のベースはアメリカ英語となっています。

綴りや発音の基礎、単語なども基本的にはアメリカ英語です。

フィリピンの語学学校の講師には、ほぼアメリカのネイティブスピーカーと変わらない英語を話す人も大勢います。

街中で日々出会うフィリピン人に関しては、いわゆるフィリピン訛りを強く感じることもあるでしょう。

また、フィリピン人同士ではタガログ語や、タガログ語と英語を混ぜた「タグリッシュ」も話されています。

しかし、マニラやセブなどの都市部で英語が通じないことはまずありません。

フィリピン独特の表現としては、人の名前を呼ぶ際に「Mr.(ミスター)」や「Ms.(ミズ)」を頻繁につけること。

それから呼びかけの際に、男性には「Sir(サー)」女性には「Ma’am(マァム)」をつけることなどがあります。

接客時や目上の人へ声をかける際によく使われていますが、これらは欧米諸国ではそれほど見かけない表現です。

 

<語学学校のシステムはどんな感じ?>

フィリピン留学ではほとんどの場合、語学学校に寮を併設しています。

昼間はみっちり授業を受け、夕方からは自習し、夜は他の留学生と一緒にご飯を食べて、相部屋で寝る、というスタイルが主流となっています。

少し料金は高くなりますが、一人部屋も可能です。

レッスンはマンツーマンが多く、英語初心者でも納得がいくまで説明してもらえるのが最大のメリットです。

欧米の語学学校はほぼ全てグループレッスンで、1クラス10人以上いるのは当たり前です。

フィリピン留学は基本的に、安い費用で質の高いレッスンが受けられる、というのが人気の理由となっているのです。

短期間で集中的に英語を身に付けたい人にとって、フィリピンは大変都合の良い条件が揃っていると思います。

 

いかがですか?

フィリピンには英語のイメージはなかった、という人も、これから留学したいと考えている人はぜひフィリピンを候補に入れてみてくださいね。

また、欧米へ行く前の短期留学先としてフィリピン留学を練習のように使う人も多いです。

ローコストなフィリピン留学で、グローバルな道を拓く第一歩を踏み出してください!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら