フィリピン留学、日系と韓国系どっちの語学学校に行く?

昨今人気が高まっているフィリピン留学。

イギリスやアメリカ、オーストラリアなどと比べて格段に費用が安く、レッスンはマンツーマンで高品質。

さらに、日本からも近く時差も少なく、短期間から気軽に行けるというメリットがあります。

 

しかし、これだけフィリピン留学がポピュラーになっているからこそ、語学学校選びには慎重になりたいものです。

自分の勉強したいことやフィリピンでどんなライフスタイルを送りたいのかによって、選ぶべきスクールは変わってきます。

 

フィリピンの英語学校には、わずかにアメリカ系やロシア系のものもありますが、多くは日本人経営のものと、韓国人経営のものになります。

ですので、概ねこのどちらかから選ぶことになります。

教育方針はもちろん、授業料や学校の規則など、実はかなり違いがあるので、あなたにはどっちが合っているのか?を見極めて欲しいと思います。

 

<日系の英語学校の特徴>

マンツーマンのレッスンが多く、時間やレッスン内容も自由に組み立てられるスクールが多いです。

また、働きながらでも学べるように、1日に短時間だけ勉強できるコースなどもあります。

ガッツリ英語を習得して帰りたい!!という方よりも、自分のペースでフレキシブルに通いたい人にぴったりです。

逆にデメリットとしては、やはり日系だと日本人の生徒が多いこと。

校内に日本人がたくさんいるとどうしても日本語を使ってしまいがちになりますし、授業中のディスカッションなども、外国人が少ないため日本人同士になってしまうことが多々あります。

引っ込み思案が多く控えめな日本人同士だと、あまり会話の練習にならないことも・・・

逆に韓国人や台湾人は日本人と比べると自己主張が強く、自分がしゃべらないと負けてしまいます。

そういった「否が応でもしゃべらなきゃいけない環境」で勉強することで、自ずと英語力が飛躍的に伸びるのは間違いありません。

日系の語学学校の食事は、やはり日本食がメイン。

丼物や味噌汁などが出てくると安心できると思います。

ただ、あくまでもフィリピンなので、味はそこそこと思っていれば良いかなと思います。

 

<韓国系の英語学校の特徴>

フィリピン留学でよく聞かれる「スパルタ式」の語学スクールは、ほとんどが韓国系です。

具体的には、平日は外出禁止、毎日10時間勉強する、門限が厳しい、などなどいろんなルールがあります。

しかし、そういう環境の方が強制されて勉強しやすい、という人も多いです。

また、韓国系の学校はTOEIC対策に強いところが多いです。

というのも、韓国ではTOEICのスコアは大変重要視されており、平均点もすごく高く、900点以上持っていないと入れない企業も多々あるのです。

韓国系語学学校に向いているのは、誰かに強制された方が勉強する人、TOEIC対策をしたい人、とにかく短期間で何がなんでも英語を習得してやる!という人です。

日本人で、初めての留学で・・・となると、若干厳しいので途中でくじける可能性もあります。

ちなみに韓国はフィリピン留学事業を最初に始めた国です。

ですので、10年以上の歴史を持つ学校もあり、良質な講師が多いのも特徴です。

寮の食事は、やはり韓国料理。

辛いものや脂っこいものがちょっと多いかもしれません。

ガッツリ系が好きな男子などにはもってこいのメニューで、決して味は悪くありません。

 

<どっちを選べばいい?>

ゆったりマイペース、時間も柔軟なほうがいい!英語は完全な初心者だから先生と二人でマンツーほうがいい、という方は日系の語学学校が断然おすすめです。

そして逆に、時間も規則もしっかり守り、できるだけ長時間勉強したい、TOEICでハイスコアを狙いたい、という方は韓国系の語学学校を選ぶと良いでしょう。

また、これから数ヶ月の長いスパンで留学してみようと考えている人は、最初の数ヶ月を日系の学校に通って環境に慣れ、その後韓国系の学校でステップアップするのもありですよ。

自分の望む生活スタイルや好みに合わせて検討してみてくださいね!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら