フィリピンのコンドミニアム購入おすすめエリア

フィリピンは今、その著しい経済成長とともに、移住先としての人気が高まってきています。

日本人の投資家もフィリピンの将来性には大いに注目しており、不動産を購入する人たちが非常に多いです。

フィリピンは物価も安く、長期ビザも取りやすいといったメリットもあります。

 

ただ、実際に住むとなるとどんな環境なのか?

一口にフィリピンといっても、様々なエリアがあります。

場所によっては当然ながら住環境がまったく異なってきます。

 

今回は、コンドミニアムが多く建設されている中でも特に注目のエリアをご紹介します!

 

<一般的なフィリピンのコンドミニアムの仕様>

フィリピンのコンドミニアムは、簡単にいうと日本の分譲マンションのようなものです。

部屋ごとに所有者が異なります。

まず日本と違うのは、その設備です。

24時間有人管理のセキュリティがあり、スイミングプールやジム、テニスコートなどが完備されています。

居住者は基本的にこれらの施設を自由に利用でき、まるでホテルのような暮らしができます。

部屋の間取りで人気なのは2LDK〜3LDKです。

このくらいの広さで、マニラの一等地にありながら、家賃は8〜9万円前後です。

一人暮らしならもっと小さなタイプでも良いと思います。

さらに、フィリピンではメイドさんを雇うのが一般的です。

部屋の掃除や洗濯、料理、場合によっては子守まで、全部やってくれるメイドを、月1万円以下で雇うことが可能です。

自分は仕事に集中しながら、快適で便利な暮らしが叶ってしまいます。

 

<おすすめエリア1:ロックウェル&サルセド in マカティ>

マカティは、今フィリピンで最も発展している経済都市の1つです。

高級コンドミニアム、高級ホテル、ショッピングモール、レストラン、カフェ、公園、なんでもあります。

日本人には一番人気のエリアで、治安も良いです。

マカティ市の中でも、ロックウェル地区とサルセド地区は家族世帯向きの物件が多くあります。

日本人学校へのアクセスもよく、お子様がいる家庭におすすめです。

ロックウェルは富裕層が集まるエリアで、ジョギングや犬の散歩を優雅に楽しんでいる人たちをよく見かけます。

マカティのビジネス街までは車で15分程度なので、通勤にも便利です。

サルセド地区はビジネス街に位置する住宅街です。

 

<おすすめエリア2:レガスピ in マカティ>

レガスピは、グリーンベルト、グロリエッタ、リトル東京などの商業施設やレストランが数多くあり、大変便利なエリアです。

ここにはワンルームタイプのコンドミニアムも多く、一人暮らししたい人にもおすすめです。

もしくは、夫婦二人で住む人も多いです。

カフェやコンビニ、公園も多く、おしゃれで洗練された生活が楽しめます。

 

<おすすめエリア3:フォート・ボニファシオ in タギッグ>

今まさにコンドミニアム建設が大規模に進んでいる新興エリアです。

高級住宅街として開発されており、とにかく街も物件も綺麗で整っています。

フォート・ボニファシオを訪れた人は、ここが発展途上国だとは全く思えないでしょう。

日本の丸の内や新宿と変わらない超都会の風景が広がっています。

また、ここにはインターナショナルスクールもあり、英語で子育てをしたいファミリーにもおおすすめです。

当然ながら富裕層が主に済んでおり、治安の面は何も心配いりません。

ハイストリートなどの高級ショッピングエリアへも簡単にアクセスできます。

マカティの中心地までも車で15〜20分と便利で、本当に言うことなしの最高エリアです。

 

 

フィリピンでコンドミニアムを購入したい!と思ったら、ぜひ上記エリアをチェックしてください。

もちろん、もう少し郊外やセブなどにもおすすめ物件はあります。

まずは、自分がどんな住環境を求めているのかよく吟味してみてください。

あなたの望む条件に合わせて、BTWINではフィリピンの様々なタイプのコンドミニアムを紹介しています。

ぜひお気軽にご相談ください♪

https://btwin-realty.com

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら