フィリピン人の金銭感覚

日本では、ある程度の貯金をすることが当たり前とされていますし、ほとんどの人は貯金ゼロということは無いと思います。

多かれ少なかれ、いざという時のためのお金は少し取っておくのが一般的ですよね。

 

しかし、フィリピンではこの感覚がまったく無いようで、びっくりさせられます。

貯金をまったくしないどころか、持っているお金は綺麗さっぱり全部使うのが当たり前、何か困ったことがあれば人に借りるのが普通、という感覚なのです。

 

これは、フィリピン人がもともと楽観的な性格であることも関係していると思いますが、彼らの根底にある思想が大きく影響しています。

フィリピン人の80%が信仰しているカトリック教では、「未来の心配をしてはいけない」という教えがあるので、今日のためにお金も全部使う、という考え方です。

ですから逆に、貯金をすることは善ではなく、むしろお金があるのに使わないのは悪いことだとすら考えているようです。

 

このため、フィリピンのほとんどの会社では、給料は月2回に分けて支給されます。

全部一気に渡すと、次の月までもたないからです。

社会全体が、そういった自分たちの国民性を理解して、システムまで変えてしまっているのですね。

 

フィリピン人のお金の使い方は、日本人が見ているとハラハラしてしまうほど豪快です。

ちょっと臨時収入があっただけで、欲しかったものを即購入し、美味しいものに全部使ってしまいます。

なくなったら困るだとか、将来のためにとっておこうなどという考えは皆無です。

その潔さはむしろ気持ちが良いほどです。

 

こう書くと無計画なだけに聞こえるかもしれませんが、しかし彼らは家族のために使うお金もまったく惜しみません。

目の前に困っている家族がいれば、手持ちのお金を全部使って助けようとします。

それが、彼らにとってとても幸せなことなんです。

 

だから、お金があまりなくても、幸福度でいえば日本人よりも高いかもしれません。

もともと貧しい人たちは、この国民性や伝統的・宗教的文化の影響で、余計貧しくなっています。

 

ちなみにフィリピン人全員が貯金しないことを美徳としているわけではなく、中流階級以上の人たちは、ある程度の貯金は人生に余裕という豊かさをもたらしてくれることを知っています。

しかしそれでも、そんな人たちの割合はかなり低く、ほんの一握りです。

 

そんなフィリピンで、私たち日本人が気をつけるべきことがあります。

それは、容易にお金を貸さないこと!

上述したように、フィリピンは手持ちのお金を全部使い果たしますから、万が一家族が病気になったりしても、そのための医療費すら持ち合わせていません。

そういう時、彼は人にお金を借ります。

しかも、相手が日本人となると、たいして仲良くもない関係であっても、躊躇なくお願いしてきます。

 

もちろん、助けてあげたいと思うなら、貸すのは悪いことではありません。

しかし、彼らの経済状況をみれば、貸したら返ってこないのは明らかです。

ですので、もし貸すのであれば、それはあげることと同じだと思ってください。

彼らは決して「お金をください」とは言わず「お金を貸してほしい」と言ってきますが、一度借りたらいつまでも返せない言い訳を作り続けます。

また、困ったら助け合うのが当たり前、と考えているので、借りることに対する抵抗や罪悪感などは全く無いようです。

 

フィリピン人の金銭感覚については、何度も交流しているうちにだんだん分かってくるはずです。

1つ言えるのは、日本人とはまるで違うということです。

どちらが正しくてどちらが間違いということはありません。

ただ、お互いを理解しあうためには、知識としてフィリピン人の考え方を知っておくことは重要だと思います。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら