メトロマニラ、アラバンの日本食レストラン5選!

フィリピンには数多くの日本食レストランがあります。

諸外国と比べてもそのクオリティは高く、日本で食べるものと比べてもまったく劣らない味が楽しめるため、日本食が恋しくなっても問題ありません。

首都マニラやセブなどの大都市はもちろんのこと、郊外都市にも和食が食べられるお店はたくさんあります。

 

近年、メトロマニラと並んで発展が注目されているアラバン。

高層ビルはまだそれほど多くありませんが、最近はオフィスビルが増えてきており、ビジネス街になってきています。

アラバンを訪れた人の多くは、広くて綺麗で明るい、清潔感のあるイメージを持つようです。

 

そんなアラバンにある日本食レストランの数は、マカティ、フォート・ボニファシオに続き、3番目に多い街です。

特にラーメン店は大変人気で、店舗数が増えてきています。

 

<アラバンのおすすめ和食レストラン>

■四ノ宮(Shinomiya Japanese Restaurant)

日本人が経営する和食レストランで、アラバンのウェストゲートにお店があります。

おすすめのメニューは、目玉焼きカレー。

柔らかいビーフの入ったカレーライスに、目玉焼きが2つ乗ったボリュームたっぷりのメニューです。

ランチでは、飲み物(牛乳)、サラダ、味噌汁もついてきます。

ほかには、カレーライス、カツカレー、コロッケカレー、鍋焼きうどん、寿司などがあり、値段は300ペソ〜500ペソ程度です。

 

■但馬屋(Tajimaya Charcoal Grill)

こちらは焼肉専門店。

アラバンの他に、セブ、ロックウェル、モール・オブ・アジア(パサイシティ)、バギオにもお店があります。

また、国外だとシンガポール、香港にもあり、手広く展開しています。

日本から取り寄せたA4、A5級の和牛とアンガスビーフを使用しており、本格的な味が堪能できます。

人気のメニューは、599ペソの食べ放題。

牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類、野菜、ご飯が食べ放題でかなりお得です。

店内も綺麗で落ち着いており、リピーターがたくさんいます。

 

■優勝軒

こちらは東池袋発祥のラーメン店。

フィリピンでは、アラバンのほかにセブ、マカティ(マカティでは「Mendokoro Ramenba」)にお店があります。

12時間以上かけて煮込んだ秘伝のとんこつスープと、太めの自家製麺は相性抜群。

醤油、担々麺、味噌は350ペソ〜380ペソ。

冷やし中華やまぜそば、つけ麺もあります。

日本のこってりラーメンが食べたくなったらここへ行けば間違いなし!

 

■宮崎(Miyazaki)

寿司を中心に、刺身やロール寿司、鉄板焼きなどを提供している本格的でハイクオリティな和食レストラン。

どれも最高品質の食材を使用しています。

ランタンが吊るされたおしゃれな空間は居心地も抜群。

アットホームな雰囲気の中、スタッフがカウンター越しに笑顔で対応してくれます。

 

■鳥一(Toriichi Yakitori & Bar)

日本の「やきとり一番グループ」による、焼き鳥専門店です。

マニラでは、アラバンを含めて4箇所に店舗を構えます。

上質な炭火で焼いた新鮮な野菜や肉は、日本から取り寄せた調味料でさらに引き立ちます。

スタンダードな焼き鳥はもちろんのこと、肉詰めピーマンや餅ベーコン、えのきベーコンなどのも定番で美味しいので一度食べてみる価値あり!

サラダや焼き魚、揚げ物などのサイドメニューもあるので、和食レストランと同じようにバランスよく食べられます。

 

 

以上、アラバンにある和食レストランをご紹介しました!

どこも日本から進出してきているお店なので、間違いなく日本の味です♪

アラバンは現在、日本人向けの不動産も増えている将来性の高い都市として注目されています。

ここに長期滞在してみたい、という人は、ぜひ一度視察に出かけてみてくださいね!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら