フィリピン、ボホール島の不動産事情

フィリピン不動産を購入あるいは賃貸して住むには、どこにエリアが良いのか?

実際に足を運んでみないと分からない部分も多いですが、やはり人気なのは首都マニラのマカティやボニファシオ・グローバルシティ(BGC)などの経済中心地。

メトロマニラのアラバンやオルティガス、ケソンなど、郊外エリアも年々人気が高まっています。

もしくは第二の都市であるセブです。

こちらはマニラと比べるとリゾート地であり、観光で賑わっていますが、購入・投資できるコンドミニアムは次々と建設されています。

 

しかし、フィリピン不動産に関しては、まだあまり知られていない地域もあります。

ボホール島もその1つです。

 

ボホール島は、フィリピン中部ビサヤ諸島にある島で、フィリピンでは10番目の大きさです。

人口は114万人、面積は4117㎡の、観光地です。

 

ボホール島へのアクセスは、セブ島からフェリーで2時間。

セブから日帰りで行けるリゾート地として人気です。

美しいサンゴ礁と壮大な山々に囲まれて、ネイチャーアクティビティを思いっきり楽しむことができます。

ボホール島にしか生息していない世界最小のサル「ターシャ」は必見ですし、1,000を超える小高い丘が並ぶ「チョコレートヒルズ」は、ボホール島定番の観光地です。

 

セブから気軽に行ける島ですが、やはりボラカイ島やパラワン島と比べると知名度が低いボホール島。

実は、ここに住みたいと考える日本人が少しずつ増えてきているようです。

都会の喧騒から逃れ、のんびりと大自然に溶け込みながら素朴に生活するのも悪くないですよね。

 

ただ、ここではまだまだ市場が小さく、日経の不動産会社もボホール島の扱いは無いようです。

またローカルな会社でも、賃貸物件を見つけるのは難しい模様。

フィリピン不動産はネットでの情報も少なく、ボホール島となればほぼ皆無になります。

 

よって、もしボホール島で不動産を借りたいのであれば、誰か知り合いを通じて探すのが一番早い方法です。

フィリピンではもともと、不動産は直接オーナーとやりとりするか、誰のコネで見つけます。

物件に「RENT」や「LEASE」などの看板が出ていたら、そこに電話をするというのが一般的なんです。

 

ですので、もしフィリピンに誰も知り合いがいない、ボホール島の土地勘もない、となると、ちょっと部屋を探すのは難しくなるかもしれません。

 

しかし今後、ボホール島のインフラがさらに整備され、観光客や移住希望者が増えれば、不動産業界も動き始めるでしょう。

 

フィリピンはまだこれからどんどん発展するポテンシャルの高い地域が多数あります。

マニラ、セブだけに絞らず、幅広くいろいろなエリアを見てみることをおすすめします。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら